焼き場に立つ少年、噛み締めた唇には血が滲んていた、原爆の夏火葬場、背負っているのは死んだ弟である 他 – NAVER まとめ

少年は焼き場のふちに、5分か10分、立っていたでしょうか。白いマスクの男達がおもむろに近づき、ゆっくりとおんぶひもを解き始めました。この時私は、背中の幼子が既に死んでいる事に、初めて気付いたのです。男達は、幼子の手と足を持つと、ゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえました。まず幼い肉体が火に溶ける、ジューという音がしました。それから、まばゆい程の炎が、さっと舞い立ちました。真っ赤な夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を、赤く照らしました。その時です。炎を食い入るように見つめる少年の唇に、血がにじんでいるのに気が付いたのは。少年が、あまりきつく噛み締めている為、唇の血は流れる事もなく、ただ少年の下唇に、赤くにじんでいました。

情報源: 焼き場に立つ少年、噛み締めた唇には血が滲んていた、原爆の夏火葬場、背負っているのは死んだ弟である 他 – NAVER まとめ

広告

ノルマを達成できない部下の妻を呼び出して……本当にあった“怖いパワハラ” パワハラ防止法が成立した今、振り返りたい – urbansea (1/2)

「応接室の前を通りかかると、ノルマを果たせない課長代理を上司が怒鳴りつけているのが見えた。課長代理の横には奥さんが座っていて、上司の怒りの矛先は彼女にも向けられた。【画像】パワハラ防止法成立の様子『こいつのために、みんなが迷惑しているんです。奥さん、どうにかしてください』 」 ひとを精神的に追い込む天才かよと思ってしまうところだが、これは往時の野村證券の過酷さを物語る逸話として、横尾宣政『野村證券 第2事業法人部』(2017年)に載るエピソードである。「パワハラという言葉など、まだ影も形もなかった時代」の話だ。

情報源: ノルマを達成できない部下の妻を呼び出して……本当にあった“怖いパワハラ” パワハラ防止法が成立した今、振り返りたい – urbansea (1/2)

創価学会 抜けられない理由 政治集団。公明党「平和を装い“戦争法に走った、反福祉、安保変更の歴史 – NAVER まとめ

退会しても学会員としてカウントされたまま これほど組織が複雑化したのも会員数が多いからこそであるが、実は先述の「統監カード」上の会員数と実際のそれは一致しない。 普段、統監カードは、地区の地区部長が厳重に管理している。2カ月に一度、地区の関係者が集まる統監部の会合が開かれ、そこで新入会員や転出転入、退会などが確認される。それは地区全体の数を示した「地区統監シート」に記入される。そのシートは次に支部でおこなわれる支部統監に回され、さらに本部統監に回される。シートはマークシートになっていて、区、圏、分県、県統監というように上位の組織に送られていくが、その際にはウェブシステムに入力される。したがって、学会本部も共有している。 つまり、学会本部は会員の数を把握している。それが外に公表されることはない。ただ、統監をおこなう会員は退会者が出るのを好まないため、退会を申し出ても、会員として数えられている可能性もある。

情報源: 創価学会 抜けられない理由 政治集団。公明党「平和を装い“戦争法に走った、反福祉、安保変更の歴史 – NAVER まとめ

迷子のダックスフンドと仲間達さんのツイート: “ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か https://t.co/cFaohWbbRb   さすがぱくりまねるはとくいな しなちゅうごく🐙 さあつぎはどうせめる! あめりか🤫… “

身長が高いと癌になり易い・5cmでリスク4%、静脈血栓塞栓症リスク高い –豊富な情報 – NAVER まとめ

米・カリフォルニア大学リバーサイド校のレナード・ナニー教授によるもので、「米国、欧州、韓国の男女それぞれ1万人以上を含む研究データを分析したところ、平均身長(男性175cm、女性162cm)の5cm下から10cm身長が高くなるごとに、がん発症リスクが10%増加した」という。 この論文では、23種のがんとの相関が分析され「18種のがんで身長との相関が見られた」とも報告されている。その度合いが高い順に甲状腺がん、メラノーマ(悪性黒色腫)、リンパ腫、大腸がん、腎臓がんが挙げられた。

情報源: 身長が高いと癌になり易い・5cmでリスク4%、静脈血栓塞栓症リスク高い –豊富な情報 – NAVER まとめ

がん治療は”治ればいい”から”高いQOL”を維持して社会復帰する時代に|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

この治療が本当に最適とは限らない 今やがんは、「治ればいい」から「高いQOLを維持しながら社会復帰する」時代となった。がん患者にとって、最適な治療とは何なのか。 「今ではがんになっても、約半数の人が社会復帰できる時代になりました。その反面、長期生存者の中には、治療後のQOLの低下に悩む人もたくさんいます。市民のためのがん治療の会を立ち上げた直後に、前立腺治療で性機能を失った方から、「半年早くこの会巡り合っていたら……」という話を聞き、本当に残念な気持ちでいっぱいになりました。がん治療は、最初に選択した治療がその後の結果に大きく影響します。どのような治療法が最良なのかを選択することは、極めて重要なのです」

情報源: がん治療は”治ればいい”から”高いQOL”を維持して社会復帰する時代に|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS