中田敦彦のYouTube 大学が年収1億円超えも」消費税 は本当に必要なのか?「干されても稼いでいる – NAVER まとめ

激動の第一次・二次世界大戦を中田がエクストリーム授業!〉は88万回視聴を記録。5月24日公開の〈【歴史偉人伝】キングダムのモデル「始皇帝」を中田がエクストリーム授業!〉は127万回視聴に達した。こうした動画を中田は連日のように更新している。ユーチューバーは、一般的に動画1再生あたり0・04円から0・24円の収益を得られるとされる。収益に幅があるのは品のないバラエティー系だと広告がつきにくく、スポンサーが好む良質動画だと広告がつきやすいためだ。どちらかというと中田の動画は良質系のカテゴリに分類される。そこで仮に1再生あたり0・24円で計算してみると、中田は1回あたり10~30万円の動画をコンスタントに製作していることになる。「教育系の動画はロケもいらないから製作コストも安く抑えられる。話が腐らず、アーカイブ性も高いのでこれからさらに再生回数が増える可能性が高い。このままいけば、中田さんは年収1億円超えも視野に入ってくると思いますよ」

情報源: 中田敦彦のYouTube 大学が年収1億円超えも」消費税 は本当に必要なのか?「干されても稼いでいる – NAVER まとめ

広告

天皇家と【帝国軍部・長州一族】の暴走と対立【下克上】の危機感/NHKスクープ

昭和天皇に関する新資料公開!戦争への深い反省の一節を吉田茂元総理が削除させていた!天皇家と【帝国軍部・長州一族】の暴走と対立【下克上】の危機感/NHKスクープ/戦前・戦後の天皇家と長州一族との対立 ( 選挙 ) – 脱脂粉乳世代 – Yahoo!ブログ

昭和天皇に関する新資料公開!戦争への深い反省の一節を吉田茂元総理が削除させていた!天皇家と【帝国軍部・長州一族】の暴走と対立【下克上】の危機感/NHKスクープ/戦前・戦後、日本の天皇家と長州一族との水面下での対立をうかがわせる新たな資料が明らかに!吉田茂は麻生太郎の祖父!岸信介とその孫安倍晋三、吉田茂とその孫麻生太郎、4人とも最悪の極悪人!明治維新から始まった日本の軍国主義体制と、天皇を神格化させることで国民を洗脳、奴隷化させる「独裁統治システム」が内幕が見えてきた!

三重県議会議員・稲森氏『「英霊」なんておりません。愚かな権力者が国策を誤ったことによる「被害者」(国民)です。』

「英霊」なんておりません。愚かな権力者が国策を誤ったことによる「被害者」(国民)です。権力者と国民という関係性をまぜこぜにしてはいけません。「権力者の過ち」がうやむやにされてしまいます。敗戦から74年の今日、私たち「国民」は二度と「権力者」に騙されないぞと思います。

情報源: 三重県議会議員・稲森氏『「英霊」なんておりません。愚かな権力者が国策を誤ったことによる「被害者」(国民)です。』

過去の罪を償うことへの日本の失敗はいかに世界経済を脅かすか?」 いつものことながら、これが世界標準の見方。日本の立場には一分の理もないということ。

【話題】『役場に生活保護の申請に行きました。車の使用者を保護はできないと門前払いです…』

役場に生活保護の申請に行きました。車の使用者を保護はできないと門前払いです。このド田舎で車不使用でどうすればいいのでしょう。病院まで車で45分の所を30分歩き1時間に1本の電車に乗り、最寄り駅に30分更に15分歩く。身体が不自由で無理です

情報源: 【話題】『役場に生活保護の申請に行きました。車の使用者を保護はできないと門前払いです…』

終戦の決意はソ連の満州侵攻で8月10日に「ご聖断」を仰ぐ、その後に原爆投下。終結に奔走した米国人。他 – NAVER まとめ

昭和天皇の「ご聖断」を仰ぐことになった御前会議が8月10日午前0時3分から開催されたのであった。 このような時系列から判断しても、日本の戦争指導部に終戦の決意を促したのは、原爆というよりはソ連であったということができる。

情報源: 終戦の決意はソ連の満州侵攻で8月10日に「ご聖断」を仰ぐ、その後に原爆投下。終結に奔走した米国人。他 – NAVER まとめ

枝野氏も豹変させた山本太郎の圧倒的な存在感 密かに進む「野党結集」の中心か | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

豹変」と表現しても、いいだろう。立民の枝野幸男代表はこれまで、他党から合流や統一会派、比例区での統一名簿作成などのラブコールを繰り返し受けてきた。しかし、その都度「永田町の数合わせとみられたくない」などと拒否。結局、参院選での選挙協力は、1人区で野党を1本化するなど限定的なものにとどまった。その、かたくなな姿勢は「超然主義」などと揶揄されてきた。その枝野氏が8月5日、国民民主党の玉木雄一郎代表、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」の野田佳彦代表と相次いで会談し、衆院で統一会派を組もうと提案したのだ。提案後の記者会見では、当然のように枝野氏の豹変についての質問が続いた。枝野氏の答えは「そうしたことが必要なフェーズに入った」という歯切れの悪いものだった。そもそも枝野氏が国民民主などに手渡した文書も、分かりにくい。文書では、安倍政権が「数の力」を背景にした横暴を繰り返していることを強調した上で、それに対抗するために「数の上でも、論戦力の上でもより強力な野党第1会派を作る」ことが必要だとしている。理屈は分かるが、安倍政権が数の力を背景にした政権を運営する状態は、もう何年も続いている。「なぜ今なのか」という疑問は残る。次ページ

情報源: 枝野氏も豹変させた山本太郎の圧倒的な存在感 密かに進む「野党結集」の中心か | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)