労働組合は非正規守らない?正社員と下請けの待遇は主人と奴隷ほど異なりますから? – NAVER まとめ

正社員と非正規は「身分」がちがい、人間としての「価値」がちがうということでしょう。ところが(一部の)労働経済学者を含むリベラルな知識人はこのグロテスクな論理を批判しないばかりか、保守派とともに「日本的雇用を守れ」と大合唱し、非正規への身分差別を容認してきました。「人権」と「平等」を金科玉条とする労働組合は非正規などという「身分」を認めず、親会社と子会社の「身分格差」もなくし、海外で採用した社員を「現地採用」として「本社採用」の日本人と「国籍差別」するようなことはぜったいに認めないはずです。

情報源: 労働組合は非正規守らない?正社員と下請けの待遇は主人と奴隷ほど異なりますから? – NAVER まとめ

広告

イラン外相、サウジでの37人の斬首刑執行に沈黙する米大統領を批判 – Pars Today

イランのザリーフ外相が、サウジアラビアでの37人の斬首刑執行を受けて、この処刑にトランプ米大統領が沈黙していることを批判しました。サウジアラビアの内務省は23日火曜、テロ行為やテロに関与した罪で市民37人を処刑したことを明らかにしました。イルナー通信によりますと、ザリーフ外相は23日夜、ツイッターで、「サウジアラビアによる同国のジャーナリスト殺害とその遺体切断の無視。そして今回、サウジが一日に37人を斬首したが、これに対してトランプ米政権から抗議の声は一切上がらない」と表明しました。ザリーフ外相はまた、アメリカのボルトン大統領補佐官、サウジのムハンマド皇太子、UAEアラブ首長国連邦のビン・ザーイド首長、イスラエルのネタニヤフ首相の陣営に加われば、あらゆる犯罪を行っても責任から逃れられる」と皮肉っています。国際人権団体アムネスティ・インターナショナルの報告によれば、2018年にはサウジアラビアで149人が処刑されており、斬首刑が執行されているのは世界でサウジアラビアのみと指摘されています。

情報源: イラン外相、サウジでの37人の斬首刑執行に沈黙する米大統領を批判 – Pars Today

中国国家主席が、他国に対する米の武断政治を批判 – Pars Today

中国の習近平国家主席が、「他国に対する一部超大国の武断的で侵略的な政策に反対する」と語りました。イルナー通信によりますと、習国家主席は23日火曜、中国・青島で開催された中国海軍創設70周年記念式典に出席した、外国の海軍関係者らとの会談に臨み、「武力を頼みに他国を脅迫してはならない」と述べました。

情報源: 中国国家主席が、他国に対する米の武断政治を批判 – Pars Today

いらっしゃいませ

ザ・芸妓

お迎え芸妓です😃

朝から準備してカフェで踊って

旅館前でお迎え芸妓して

急いでお座敷、終わるの次の日💨

やっぱり長時間の白塗りはきつい(;><)

でも頑張ります(о´∀`о)ノ‼️

元の投稿を表示

日本兵が オーストラリアの女性看護師の一団に、性的暴行し、21人を銃殺する 他日本軍 – NAVER まとめ

2次世界大戦中の1942年、オーストラリアの女性看護師の一団が、日本軍兵士たちによって殺害された「バンカ島虐殺事件」。一人の歴史研究者が入手した証拠から、ある事象が浮かび上がりつつある。看護師たちは殺害前、日本兵たちに性的暴行を受け、オーストラリア当局が…

情報源: 日本兵が オーストラリアの女性看護師の一団に、性的暴行し、21人を銃殺する 他日本軍 – NAVER まとめ

日本はアメリカに次いで貧困大国 税・社会保障で所得再分配が弱い生活弱者切り捨て政策 – NAVER まとめ

アベノミクスで富裕層は潤った(editor.fem.jp/blog/?p=697)が、その代わりにワーキングプアも増加。この状況で経済的徴兵制も進む。貧困層を必要とする好戦的なアベ政策としては当然の流れか

情報源: 日本はアメリカに次いで貧困大国 税・社会保障で所得再分配が弱い生活弱者切り捨て政策 – NAVER まとめ

国費で留学生受け入れ本当に必要? 外国人留学生の受け入れに、年間180億円以上の税金…自民党・小野田紀美議員が激白!

外国人留学生の受け入れに、年間180億円以上の税金が使われているという・一方で、日本の大学生をめぐっては「奨学金破産」が社会問題化・国会では、この現状を疑問視し国費留学生制度の見直しを訴える声も出た・小野田氏「国費留学生たちは本来、『日本から祖国に帰り、その国の発展に尽くす』のが目的の一つだった。ところが、実際は日本国内に残って就職する例も多く、帰国者は半数にとどまる。日本人の大学生は、そんな優秀な外国人留学生が就職活動などでライバルとなる」「日本人の学生にこそ国費を投じて、即戦力として世界で戦えるような人材に育てるべきではないのか。日本の学生の職を奪うかもしれない留学生のために国費で入れるのはどうなのか、との意見があっても不思議ではない。心配している」「留学生OBが、出身国で得た地位をどう活用し、日本への理解を深め、日本のためにどんな影響力を発揮したかをつぶさに追い、『国費制度の効果』を定量的に検証していない。そこまでするのが、多額の国費をかけた『責任』ではないか。今後、関連予算を組むにも、『この先、何年でどんな効果を目指すのか』もセットで考えるべきだ。文科省にはそこまで求めたい」

情報源: 国費で留学生受け入れ本当に必要? 外国人留学生の受け入れに、年間180億円以上の税金…自民党・小野田紀美議員が激白!