少ない収入でも生活できる『仕組みづくり』を意識する回

もやっさんぶろぐ

こんにちは。こんばんは。

もやっさんです。

現状や思っていることを書き連ねます。

現在、うつ病で休職中…

仕事のストレスから解放され、確かにうつ病の原因の改善にはつながっているのだけれど、新たな面のストレス?心配事が悩みの種です。

それはずばり『お金』。

身体を休めようとしていることが結果的に自分をさらに追い込んでいる悪循環。

弱った心のために仕事を休んだにも関わらず、次はお金の心配で病んでしまいそうです。

「あ~、お金が無いから好きなもの買うの我慢しなきゃ」

「携帯の支払いどうしよう」

っていう感じで…

悩みはあらたな病気の種?

こういった第2波の悩みで余計に社会復帰できない方って多いんだろうか。

特にうつ病のひと、少なくとも私は買い物が数少ないストレス発散の場なんです。

だから、どうしてもこの『お金』の問題が遅かれ早かれ出てくる。

「1年も2年も休んで何してんの?」

と外見で判断しにくい、うつ病で苦しむ人のことって、健康な人には想像もつかないことかもしれませんね。

私自身も元気で仕事をしている時はうつ病の人のやるせない気持ちは理解しきれなかったわけですし。

当事者になって初めて理解できるんですよね、こういうのって。

仕組みづくり

話は戻って、お金が大変ピンチなので節約しなきゃ、と考えています。

でも、うつ病とは長い付き合いになると思うので、節約というよりは少ない収入で生活できる『仕組みづくり』が重要なのかもしれません。

家賃や光熱費、食費など計算すると10万円あればぎりぎり生活できるかな…

10万円であれば、内職とちょっとしたアルバイトでノルマはクリアできそうだな、と踏んでいます。

内職に関しては、『クラウドソーシング』というサービスを利用して実践中です。

多く稼ぐことが難しいなら、支出を減らしてみよう!

今、父親に思うこと

はぁ…生活するって本当に大変。

独りでこんなに大変なのに、家族をもって家庭を支えている方々には頭が上がりません。

子供のころは父親が大嫌いだったけど、今思うと、家族のために仕事をし続けた父親はすごかったんだね。

これは好き嫌いとは別に切り分けないといけないですよね。

今回はここまで!

よろしければ他の記事もご覧になってくださいね(^^♪

お読みいただき、ありがとうございました!

元の投稿を表示

広告

でりしゃすのO157(消費期限切れの消毒液、トングが原因か)

東京でゼロから再始動!

O157についての続報ですが、検出されたは菌はこれまで確認された遺伝子型と同じで、

他の感染者と同時期であるなど共通点は多いそうです。以下気になった点です。

>同店では問題が発覚するまで、量り売りのトングを複数の総菜で使い回し、さらに同一のまな板や包丁を多くの食材で使用していたとみられ、こうしたずさんな衛生管理が感染源になったとの見方が出ている。

これってどうなんでしょうね…?もし、トングの件がアウトならバイキング形式のレストランや、

量り売りのお弁当やさんものきなみアウトになる気がします。。。

試用期限切れの消毒液を使っていたということも判明しているので、

消毒液の中のアルコールが飛んでいて除菌効果がなかった可能性もありますね。
お客さんが汚れた靴で歩き回ったり、エアコンの空気でO157が運ばれたりすることがある

とのことだけど、そうなると既存のスーパーとか総菜屋さんとか

パン屋さんとか軒並みアウトになってしまう気がします。
それにしてもO157って何年かおきに猛威を振るいますよね。

真面目に対策を考えるなら包装&レンチンしたコンビニ弁当か、

できたての料理を食べるしか選択なくなりそうです。

ニュース元URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00000557-san-soci

前回の日記URL:https://tozero.blog/2017/09/13/o-157について/

元の投稿を表示

マリーベビー里親様募集!

まあ可愛いわね

Exotic Cattery Momojyu

知人宅から雨の中一時帰宅のマリーベビー

今回は種オスのモモタロウとの交配で、お顔も体もビッグな子ばかりです。

3匹とも同じお顔で可愛いです。

生後約3週間になりましたので里親様を募集いたします。

前回お問い合わせ頂いててお譲り出来なかった方に決まるかも知れませんが、

21日にもマリーと姉妹のミラノが同じ種オスでお産予定ですのでご希望の方は

お問い合わせください。

トップページの下段からお願いします。

.
.
.
新しい家族が決まりました。
クリーム&ホワイト  オス   ショート

.
.
.
.

.
.
.
.

.
.
.
.
1,ホワイト オス  ショート

.
.
.
.

.
.
.
.

.
.
.
.
2,ホワイト オス ショート

.
.
.
.

.
.
.
.

.
.
.
.
.

.
.
.
.
.
.
ポチッとお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

元の投稿を表示

日本とここが違うアメリカの医療

アメリカ発 「アメリカの医療を考えるサイト」

日本とここが違うアメリカの医療。仕事、留学でアメリカに住むことになった日本人が出合うアメリカの医療ギャップについてまとめました。リンクはこちら新2_6_11_17_医療は州が変われば別の国

元の投稿を表示

受け入れるということ ~ユングのエッセイより

佐藤由美子の音楽療法日記

カール・ユング(スイスの精神科医・心理学者)が、エッセイの中で引用した患者さんの言葉をご紹介します。

私は物事を受け入れたとき、それに圧倒されてしまうと思っていた。

でも、全くそうではない。

むしろ受け入れることで、初めてその事柄への態度を取ることができる。

だから私はこれから、人生のゲームを楽しむつもりだ。

何が起こってもそれを受け入れようと思う。

いいことも悪いことも、永遠に変化し続ける太陽も影も。

そして、ポジティブな面もネガティブな面も含めた私自身の姿を。

このようにして、すべてがもっと生き生きとなる。

~カール・ユングのエッセイより

I always thought that when we accepted things they overpowered us in some way or other. This turns out not to be true at all, and it is only by accepting them that one can assume an attitude towards them.

So now I intend to play the game of life, being receptive to whatever comes to me, good and bad, sun and shadow forever alternating, and, in this way, also accepting my own nature with its positive and negative sides. Thus everything becomes more alive to me.

~an ex patient of C. G. Jung (Alchemical Studies, pg 47)”

カール・ユング / Carl Jung

💛 ニュースレターをご希望の方は、こちらからご登録ください。

元の投稿を表示

軽食ご用意|友人来訪

暮らしの幸せエッセンス

今年のお盆は、夫の休みは暦通りの3連休のみ。
息子の首もすわっていないので、遠い私の実家への帰郷は無し。

夫方のお墓まいりを済ませ、後は自宅でゆっくりしていました。
最終日の日曜は、夫の友達が遊びに来てくれました。

私も、結婚前から顔見知りです。
東京に住んでいますが、こちらに帰郷すると、顔を出してくれます。

今回は、お泊まりではなく、お昼に顔を出すだけで帰るよ、お昼も食べてから行くし、と息子のことも気にかけてくれていました。

なので、おやつ程度に軽食をご用意しております〜、のノリで待ってました。

サンドイッチ。
たまごサンド、ポテトサラダサンド、ツナレタスサンド、トマトアボカドチーズサンド、ツナアボカドサンド。
さくらんぼのお茶。
以前、彼が来た時に作って、美味しいと喜んでくれたクラムチャウダーも作りました。(写真に写ってないけど)

お土産に、美味しいブラウニーを買ってきてくれました!

いつも、美味しいお菓子を買ってきてくれる♪

休みの日は、びっちり育児を手伝ってくれる夫。
久しぶりに、育児から離れ、友人と過ごした数時間。
少しは息抜きできたかな?

彼が帰った後、また、たくさん家事手伝い、息子のお風呂など育児を手助けしてくれましたけど・・・。

元の投稿を表示