今日は原爆の日・投下は有色人に落とした人種差別、ソ連を脅す為 民間人を殺した戦争犯罪 – NAVER まとめ

今日は広島に原爆が落とされた日。 一瞬にして7万人以上の人が命を落とし、その後の影響により20万人が死亡した。

情報源: 原爆の日・投下は有色人に落とした人種差別、ソ連を脅す為 民間人を殺した戦争犯罪 – NAVER まとめ

中国権力闘争対立が表面化・副首相が首相に嫌がらせ・習近平主席へ李克強首相公然と反抗 7トップ所在不明 – NAVER まとめ

劉鶴氏が、最高指導部のメンバーを紹介していた。習近平氏を紹介する際、劉氏は習氏の名前、肩書きなどを読み上げた後、少し間をとった。この間、習近平氏が席から立ちあがり、出席者に会釈し、一礼して着席した。これに続き、劉鶴氏が李克強氏の名前と肩書を読み上げたが、間を入れず、すぐ韓正氏の紹介に入った。すでに席から立ち上がり、一礼しようとする李克強氏が戸惑いを隠せなかった。会場でも、李氏への拍手が鳴り始め、参加者は拍手を続けるべきかがわからず、気まずい空気が漂った。結局、李氏は慌てて着席した。

情報源: 中国権力闘争対立が表面化・副首相が首相に嫌がらせ・習近平主席へ李克強首相公然と反抗 7トップ所在不明 – NAVER まとめ

聖徳太子は架空の人物、笏は、カンペ貼り付け道具 肖像画は、別人 誰も知らない素顔! – NAVER まとめ

徳太子を英雄に描くほど、太子の子供である山背大兄王を死に追いやった蘇我入鹿の悪が際立つことになり、その悪を征伐した中大兄皇子や中臣鎌足がまた英雄に見えてくるという単純な勧善懲悪の物語のカラクリを作り出すことにあるのだろう。中小路氏は従来の日本古代史学会の研究手法を厳しく批判している。まず、歴史について、特定の骨組み(=明治政府の見解)を、権威あり、かつ自明で不動のものとして据え、これを思考の前提とする。その前提に合うように史料を処理し、あるいは独自の解釈を加え、ときには史料自体の文字を取り替え、どうしても前提に合わない箇所については、その箇所自体が虚偽もしくは錯認の所産なのだと見なすか、もしくはその箇所をまったく無視する

情報源: 聖徳太子は架空の人物、笏は、カンペ貼り付け道具 肖像画は、別人 誰も知らない素顔! – NAVER まとめ