競争力低下は人材不足?

この先行き不安な不景気で                                            
子供に残すことばかり考える日々です。

ナゼ景気悪いのか? 新聞や雑誌等に難しい事が書いてありますが
どれもこれも、いまいち私の腑に落ちないのです。

私見ですが・・働き盛りの若い人が少ないのに
正社員、正職員がなおさら少ないでしょう?

優秀な高学歴者や伸び盛りの技能者が非正規で技術の積み重ねが出来ず・・

日本の競争力低下は 人材力の薄さで能力が無い・・・・

どんないい訳よりこれに尽きるのではないのでしょうか?

マスコミ、評論家より・・

一般のみなさんの思いが知りたいものです。

広告

Hears anguish

通常のボリュームを難聴の耳には、単語を聞いて聴力ができない損失があります。 小さく、時間は、多くのことが理解と言う。 私が聞く耳高音”は”、”および”。

不足している読んで、このことが”””ドキュメントは、音”のようなと。 私が想像して聞くように話を

時々は…ミスが起こることひどい またか理解と言うし、それらを

番組を聞いても公聴会がする障害からなって ほとんどが嘘と言う 職場での暴徒の暴力規律沈黙差別の冤罪を恐怖のほうで失うものは 家族を養うために賃金を失うことの恐怖を

日本政府のオフィスはTanon救済だけではなく、法を数回聞いていないため 障害者にものかかわらず、多くのと数のろう者二番目に大きいですいじめで最もインテリジェントな
麓断層量を一目はヘルプ誰かとする聴覚障害者の言語記号に分割して聴覚障害者用 キック 公聴会は誰を助けることが求める貧しい男が言ったこといじめ停止します。

の難聴の自殺はUTUの知っている多くの多くの健康ではない人々は 日本人が選挙がいる場合、少しでも多くの人を知っている多くのしない 人を聞いて大多数の言うことに聞くだけ。 Sunは言いました… 民主主義 この! 

Hears anguish 聞えない苦しみ

 感音難聴者は、普通の音量に聞こえても言葉の聞き分けが出来ない。
何度言っても・・理解される人は少ないのです。    
高音が聞こえないので・・「す」「し」が聞こえない。   


本を読み 文書の「す」「し」などが抜けたように聞こえる。
聞こえないところは想像して会話するので・・


時々・・とんでもない間違いがおこる・・
何度言っても分かってもらえない・・


 障害者手帳見せても 聞こえるから振り向いたのだろう・・聞こえないと嘘言うなと・・
差別 集団暴力 口止めの冤罪の懲戒処分、受けても職場失う怖さで・・家族を食べさせるための賃金を失う恐怖で・・


何度救済たのんでも聞くだけで法律が無いと助けない日本の役所・・
難聴者イジメの多さは 最も多い知的障がい者の次に多いのに・・ 

手話を使う耳の聞こえない聾者 足 目など一目で分る障害なら誰か助けるが

難聴者イジメは・・誰も助けない 聞かない奴が悪いと言って止めない


  難聴者の ウツ 自殺は多いのですが多くの健常者は知りません。
知らない人が大勢の日本は、選挙があっても・・
多数派の健聴者の言い分しか聞かない。・・・民主主義と言う・・日本!


私には恐ろしい・・弱いものイジメの日本は・・絶望としか思えない。 
何度も死にたいと思いました。

田舎芝居の思い出

肥後にわか(熊本弁で演じられる喜劇ん)を思い出しました。熊本では絶大な人気の田舎芝居?面白かでしたよ。

まだ一般家庭にはテレビも無い時代でしたけんね。私は昭和30年代しか・・・
お寺さんや 農家の大きな庭や寺、学校の講堂でおこなわれていいましたよ。

劇団「ばってん組」のばってん荒川ことお米ばあさんがスター! 方言で漫才のような軽快な突っ込みと大アクションで・・
お笑いあり涙あり感動満載! ブハ・・と爆笑させてもらいました。
おてもやんの踊りなどなど・・面白かった・・なつかしか~

オヨネ婆さんはテレビにもコマーシャルにも出ておりなさったけん。全国的にも知名度あるかもしれませんね。

けいこさんのブログが写真があって分かりゃすかですたい。
http://blogs.yahoo.co.jp/keiko2807/59794676.html

各地には特色を持った独特の地方スターがおられたと思います。

ほら・・大阪にも 博多弁のにわかにも、福岡にもおばあさん役者が・・ウ~度忘れしました。
このブログ見ている方、教えてもらいたいですね。

あれ~ 彦一さんて「ばってん組」主演男優は彦一さんだ もしかして~さんは 元俳優ではありませんか?

懐かしいあの頃・・思い出を語りましょう。

あなたの思い出を書いてください。  コメントまちます。

サザエさん,トロリー・バス,ビートルズ,家出少女,DDT,蛇腹式の小型カメラ、三つの歌、一丁目一番地、梅毒、結核、蜂の子とかイナゴ、バナナの叩き売り、焦げ茶色のカレー、ダイハツミゼット、レ・ミゼラブル、カバヤキャラメル、図書券を集めてカバヤ文庫、日光写真、

身売りされた少女,笛吹童子、鐘の鳴る丘、モンペ、大根メシ、芋メシ、豆メシ、ポン煎餅、「人さらい」が来るから気をつけろ、十円札、練炭火鉢・ヒチリン、傷痍軍人がアコーディオン弾き募金箱、富山の薬売り紙風船、貸し本屋、冒険王、少年クラブ、少年倶楽部、少年、少年画報、漫画少年、 少女、少女クラブ、少女の友、少女サロン、君の名は、笛吹き童子、鐘の鳴る丘、紅孔雀 木炭車、

満州からの引揚、上野駅のガード下の浮浪児、竹スキー、ドサ廻りの田舎芝居、忍者「地雷也」、ゴジラの逆襲、少年探偵団、黄金バット、鉄腕アトム、東京オリンピック、麦踏み、
津山の事件

こちらでも話しましょう。

昭和20年代か30年代のなつかしい思い出、人さらい、「鉄人28号、麦み・

昭和30年の子供たちの写真展です。