リア・ディゾン結婚会見、現在妊娠4か月   (押してください)

あまりにもきれいですので・・  飾りのつもりです記載しました。              

夫婦円満アピール

広告

桐生の小6女児自殺:いじめによる自殺は痛ましい!数多い者が少数者をいじめる民主主義の醜い部分を削ぎ落とさないままの教育がダメなのだ。(押してください)

 ヤフー             ニュース動画


以前通っていた名古屋市内の小学校では、友達も多く明るく振る舞って礼儀正い良い子・・
小六の物静かな女の子だった。

フィリピン人の母の容姿について悪口を言われ・・
「臭い。あっち行け」孤立して欠席しがちになった。
担任から「来てください」登校すると、同級生に「こんな時だけ学校くるな」と言われ泣き帰った。

「学校側に10回以上相談したが解決策が示されなかった」と涙ながらに父親は話した。

「お父さん、お母さん、転校したい」「どんなに遠い学校でもいいから歩いて行く」と話していた。
父親は「娘には『あと少しだけ我慢しよう』と言い聞かせていたが・・我慢できなかったのか・・」

自殺に使われたマフラー明子さんが母親にプレゼントするために編んでいたものだった。
母親が「娘を返して!」と泣き叫ぶと、小4の妹の泣きじゃくる声が式場内に響いた。


校長は相談があったがいじめという認識はなかった?(虐めの相談ではなかったと言うのか?死人に口なしと言い逃れる気?

(保身のためにイジメは無いものとして扱うのが常だから・・・誰も信じ無いのに・・
感受性の強い時期の生徒達に 「偉い人ほどウソを言っても良い」と
生涯悪影響させる教育するようなものだ!  ウソを言う偉い人になるため勉強しろと・・

数の多い者が少数者(ここでは転校者、外人母)をいじめるような・・
民主主義の醜い部分を削ぎ落とさないままの教育が
自分だけ良ければ良い、という個人主義を育てたのが日本の教育だと思う。


これが今の日本の行き先不安の真因だと思う


昔のように 子供の時だけは、先生が賢明な級長を選ぶようにしなければ・・

アメリカのように加害者の方を出席停止や厳しい罰はないのか?

子供の頃の虐め子が大人に成り職場で酷いイジメをするのを何度も見て来た。
子供でも大人と同じように刑罰にしないからだと思う。

幸福な日本中国もアメリカも到底かなわない

大躍進の中国には反日で?文句言われてばかり・・
不況や少子化、先行き不安で安定した仕事が無い ハア~・・ 毎日泣いてます・・エ~ン 
でもね 世界的には幸福な国とです。 え! 嘘だって?
英紙が日本には米も中国も到底かなわないと書いてます。 (ガーディアン紙2010年10月20日)
アメリカも中国もトンでもない 米は資本主義の大将で貧困者でも働くほど富は資本家に取られ・・
貧困は広く深く・・増えるばかりでしょう。
中国など社会主義国家なのに平等どころかトンでもない所得大格差でしょう。
日本は、失業率5%、給与の格差最小、全員に医療保険、平均寿命最高、新生児死亡率最低、
高い学力レベル、犯罪率・投獄率・殺人・精神病・麻薬乱用率すべて低い国でしょう。
アメリカも中国も少しも羨ましくない!   どう思いますか?   
                                            
この8~10年で相当変わったよ・・・?

オークションアフィリエイト   私のおすすめオークション:

龍馬伝43回「船中八策」命を狙われるくらいのことをやらねばこの国は変わらんぜよ

龍馬伝 43回 船中八策  (訪問も少ないので詳細は書きません)        42回  44回

龍馬は、京にいる山内容堂公に大政奉還論を説明するため、 
象二郎と京へ向う船の中で倒幕後の進め方を示す「船中八策」を書き上げた。

京に着いたが、容堂は将軍と薩摩の自分勝手な態度に腹立てて、土佐に帰っていた。

陸奥が、京に海援隊の支部を作ると言うので、良い場所はないかと探す途中で、新選組と出会い斬り合いになる。
中岡慎太郎が助太刀して、逃れた先が相撲部屋・・
中岡が龍馬に、西郷が象二郎と会いたがっていることを知らせる。

象二郎に伝え、象二郎は西郷と会う。
象二郎は、薩摩も大政奉還に参加するように話を持ちだす。
西郷は承諾するが、大久保利通は、もし失敗した場合は土佐も挙兵するかと問う。
象二郎は容堂に挙兵の話を知らせぬまま、返事を聞かぬまま承諾する。

象二郎と西郷の話に、武力で倒幕をせねばと不満な中岡に、龍馬は「船中八策」を見せる。
横井小楠から民主主義や高杉、東洋、武市や東洋など聡明な考えをまとめたものだった。

この日本を誰もが笑うて暮らせる国にするには、戦で幕府を倒してはいかん。

今の仕組みにすがる者は、決して「船中八策」のような新しい考えは認めないぞ。
(あまりにも理想的なその考えに中岡は、驚くと同時に龍馬の身に危険が迫ってくるのを感じたのではないだろうか。)

「命を狙われるくらいのことをやらねばこの国は変わらんぜよ」・・
(こんなにも真剣に、国の事を思って動いている男がここに居る!)

新撰組が命を狙う・・

弥太郎は戦いに備え大儲けをしようと、グラバーに最新の武器を求める・・・
,