Buzzfoto480 – 多くの写真:バズFoto500 _Quelle | buzzfoto_Buzzfotoもthis292 _Sofiaベルガラを持って

Buzzfoto480 – 多くの写真:バズFoto500 _Quelle | buzzfoto_Buzzfotoもthis292 _Sofiaベルガラを持って

広告

世界で一番からだが長い猫として10年からタイトル保持猫だった、米ネバダ州レノ市のメインクーン種のステウィ(7歳)が亡くなった。

世界最長の猫が死亡

 
7.02.2013, 03:15
世界で一番からだが長い猫として10年からタイトル保持猫だった、米ネバダ州レノ市のメインクーン種のステウィ(7歳)が亡くなった。AP通信が伝えた。
   ステウィの死因はガン。それでもステウィは死ぬまで活動的な毎日を送った。   世界最長の体長を持つ猫としてステウィがギネスブックに登録されたのは10年8月。鼻先から尻尾の先まで1,23メートルもあった。

ロシアで地球全体を隕石の脅威から守るシステムが開発されている

ロシア、小惑星に「カプカン」打ち上げ

エレーナ コワチチ
4.02.2013, 19:02
   ロシアで地球全体を隕石の脅威から守るシステムが開発されている。小惑星アポフィスとの衝突の危機が回避されたばかりであるが、この小惑星は2029年に再び地球に接近する。NASAによれば、地球にとっての潜在的な脅威をはらむ直径100m以上の小惑星4万7000個が地球から800万km以内に散在している。理論上、21世紀中に11の衝突が見込まれ、うち4件は2050年までに起こるとされる。
   招かれざる客から地球を守る最良の方法が探求されねばならない。ロシアの学者らには、危険な事態に対する独自の行動計画が存在する。マケーエフ名称国立ロケットセンターのセルゲイ・マハニコフ代表はそう語っている。   ―これら危険な天体を破壊するという選択肢がある。つまり、浮浪小惑星をより細かな破片にまで砕く装置、あるいは小惑星の軌道を変更させるような装置のことだ。

若返りの薬を発見

ノヴォシビルスクで「若返りの薬」開発

エレーナ コワチチ
4.02.2013, 18:56
ノヴォシビルスクの学者たちが、誇張でなく、「若返りの薬」を発見したかも知れない。脳が自ら幹細胞を製造するように強いる、独創的な薬品が開発されたのだ。幹細胞は病気にかかった器官を再生させることが出来る。これを用いれば、若さと健康を取り戻すことが出来る。
肝細胞を用いた治療というのは学会のトレンドである。梗塞、卒中その他の病に適用が試みられている。美容整形医は年齢にまつわる骨の問題からの解放、肌に若き日のツヤを取り戻すこと、等を請け合っている。しかしこうした幹細胞による治療・施術は、現在のところ、まだ安全性が保証されているとは遠く言いがたい。新薬を開発した企業の経営責任者アンドレイ・アルタモノフ氏は「ロシアの声」に次のように語っている。 ―現在、どのように治療が行われているか?骨髄から幹細胞が作られ、培養され、血液の中に戻される。細胞の外で培養されたこれら細胞は、血液中に紛れ込み、はや見分けのつかないものとなる。これら細胞は損傷した器官に送り込まれることもあろうが、全く健康な器官に派遣されてしまうこともあり得る。そして、たとえば、心臓に肋骨を生やしてしまうようなことにもなりかねないのだ。もはや、本質において、器官にとって「他人」である細胞なのだ。