字幕【テキサス親父】慰安婦は売春婦!証拠はコレだ!と親父ブチギレの巻!

広告

北朝鮮金正恩に隠し子 2人の女性からそれぞれ娘

金正恩に隠し子 2人の女性からそれぞれ娘

16.05.2013, 17:02
北朝鮮の指導者である金正恩は、もしかすると2人の娘の父親であるかもしれない。それはそれぞれ違う女性からのもの。韓国紙「朝鮮日報」が北京からの情報筋を引用して伝えた。
昨年末には、妻であるリ・ソル・ジュさんが娘を産んだことは確かだと、この情報筋は述べている。 もう一人の娘について、1つの見方によれば、結婚の時点ですでに子供がいたという説があるが、この中国の情報筋は、2010年、他の女性との間でもうけた娘だと主張している。その証拠として、3年前、ソル・ジュさんは歌手として公演していたことが挙げられており、もし妊娠していれば、公演は出来なかったとこの情報筋は指摘している。

インド東部オリッサ州で、フランシスコ会の28歳の修道女が男たちの集団に誘拐され、1週間にわたってレイプされた。

 インド 男の集団が修道女を誘拐し1週間にわたって強姦

 
17.07.2013, 10:47
インド東部オリッサ州で、フランシスコ会の28歳の修道女が男たちの集団に誘拐され、1週間にわたってレイプされた。
7月5日、修道女は母親が思い病気にかかったとの連絡を受けた。修道女は母親が住む田舎に向かう途中、男の集団に誘拐され、1週間にわたって強姦された。その後男たちは修道女をベルハンプル駅の線路わきの溝に放置し、誰かに話したら殺すと脅した。 修道女は、誘拐とレイプ被害について警察に通報、容疑者2人が逮捕され、別の容疑者たちの捜索が行なわれている。警察は、容疑者たちの修道女とその親戚に対する個人的な敵意が犯行の動機のひとつになったと考えている。

ストリートビューで日本縦断 – 関西・中国編

臓器摘出手術の1秒前に目覚める「死んだ」女性は米国人 

米国人の「死んだ」女性 臓器摘出手術の1秒前に目覚める

10.07.2013, 17:37
米国の病院で医師によって死亡判定が下された女性が、臓器摘出手術のためにからだにメスが入れられる1秒前に目を覚ました。
 事件が起こったのは2009年だったが、詳細が明らかになったのは最近。米合衆国保健福祉省の報告書に掲載された。 41歳のキャロライン・バーンズさんは、向精神薬の大量服用でニューヨーク州シラキュースの病院に搬送された。バーンズさんは意識不明の状態で1週間集中治療室に入院した。その後医師たちはバーンズさんの親族に、心拍が停止し、脳死状態になったと伝えた。親族は生命維持装置を外し、臓器移植することに決めた。しかし報告書によると、「脳死でもなく、心拍も呼吸も停止していなかった」という。伝えられたところによると、医師は「脳死判定」を下す前に、脳死の判定基準に従った診断を行っていなかったという。