契約社員やパートでも育休は取れる?:日経ウーマンオンライン【トレンド(キャリア)】

契約社員やパートでも育児休暇を取れることを知っている人は依然として少ないという。

同調査は、民間企業の有期契約労働者で週20時間以上働いている20歳代―50歳代の男女1000人を対象に実施した。2013年4月に施行された改正労働契約法の改正ルールを説明した上で、変更内容を知っているか尋ねたところ、一定条件を満たした有期労働契約者が無期契約を申し込める「無期労働契約への転換」を、「ルールの内容まで知っていた」という人はわずか12.2%、「ルールができたことは知っているが内容までは知らなかった」は24.4%で、認知率は合計36.6%にとどまった。

引用元: 契約社員やパートでも育休は取れる?:日経ウーマンオンライン【トレンド(キャリア)】.

金融による資本が全てを支配しているのである!

諸悪の根源は、この金融資本主義の金融資本支配にあるのは間違いない話である。が、細かに観ると、複雑多岐に亘る利権構造が、大木の主根から分かれた子根、細根のように張り巡らされている。

その中で、弱い人間の生活基盤が築かれているのであるから、容易な話ではないのである。

大きくは、政治利権であり、さらに経済利権がある。産業利権は、大企業から零細企業まで繋がるであろう。小さくは、生活利権がある。従業者間でも、その利権の中で生活圏を保っているのである。

現実は厳しい。

政治経済全般が、網の目のように人脈・金脈で繋がっているからだ。諸悪の根源は理解出来ても、それから離れる手段はというと、皆目分からないと言う人々は、圧倒的に多数なのである。

ではどうすれば良いだろうか?

引用元: 生活資本主義(?!)の必要性! その① – 脱脂粉乳世代 – Yahoo!ブログ.

【鼓動】韓国は「生き地獄」か “脱南”する脱北者たち+(1/4ページ) – MSN産経ニュース

韓国に定住していた脱北者が再び第三国や北朝鮮に向かう“脱南者”が多発している。最近では、北に逆戻りした住民が韓国での生活を「生き地獄」だったと非難。以前ならば、こうした言動は「北朝鮮体制の政治宣伝」と切り捨てられてきた。だが一方で、韓国社会の差別や就職・生活難に苦しむ脱北者が増加し社会問題化しているのも事実。「同胞」であるはずの脱北者すら逃げ出していく現状に、韓国政府は頭を抱えている。

引用元: 【鼓動】韓国は「生き地獄」か “脱南”する脱北者たち+(1/4ページ) – MSN産経ニュース.

米国オバマ大統領は親日外交を即刻中止せよ、さもなくば反日デモは反米デモに変わるだろう―韓国