日本の航空自衛隊は米国製戦闘機、F-15JやF-2、およびE-767 AWACSなどの航空機を配備しています。 特にF-15J戦闘機は航空自衛隊において最強の戦闘機と言われています。 一方の中国空軍と海軍はF-10主力戦闘機を筆頭に、F-11、Su-30戦闘機といった3世代の戦闘機を配備しています。 F-10戦闘機は自衛隊のF-15とほぼ同等の性能で、F-11とSu-30はF??-15よりも優れていると報告されています。 「航空宇宙博覧会では、SU-30とF-15の性能比較記事が公開されていました。その中でF-15はSu-30に大きく劣ると指摘されています。」 その1、低高度で飛行する航空機はわずかな操縦ミスで墜落する危険性があります。 Su-30は地形追随機能を有しており、この機能により山岳地、あるいは谷間のような地形で進化を発揮します。 F-15にはこのような機能は装備されていません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中