秘密保護法のポイント・・海上自衛隊の護衛艦「たちかぜ」でのいじめを苦に自殺は内部告発がきっかけで明 るみに出たが・・告発もできず・・ 自殺が増加するだろう

成立した特定秘密保護法のポイントをまとめます。

対象になるのは外交や防衛、スパイやテロといった分野の情報のうち、国や国民の安全に関わる特に秘匿が必要な情報です。

これらを「特定秘密」に指定し、漏えいを防いで保護するとしています。

「特定秘密」を指定するのは大臣など行政機関の長です。

指定の期間は最長5年で何度でも更新できますが、通算で30年を超える場合は、内閣の承認を得なければならないとしており、一部の例外を除いて60年後までにすべて公開するとしています。

また法律では、「特定秘密」を漏えいした公務員らに対し最高で10年の懲役刑を科すほか、漏えいをそそのかした者にも5年以下の懲役刑を科すとしています

引用元: 秘密保護法のポイントは NHKニュース.

特定秘密保護法が成立漏えい懲役10年―「知る権利」侵害の危惧!海上自衛隊の護衛艦「たちかぜ」でのいじめを苦に自殺は内部告発がきっかけで明 るみに出たが・・告発もできず・・ 自殺が増加するだろう

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中