吉林で新たな「731部隊」関連資料発見、移送や人体実験の実情が明らかに―中国|中国情報の日本語メディア―XINHUA.JP – 中国の経済情報を中心としたニュースサイト。分析レポートや特集、調査、インタビュー記事なども豊富に配信。

吉林省書類館が最近発見した旧日本軍の書類から、旧日本軍が中国の占領地域で多数の細菌部隊を設置して細菌戦を複数回実施し、ソ連人や朝鮮人を含めた372人を「731部隊」に移送して実験したことが明らかになった。新華網が10日報じた。

書類は1936年から45年5月まで作成されたもの。全部で81巻あり、400件余りの紙媒体文書と、70枚あまりの音声資料からなる。内容は、「731部隊」が新京(現在の長春)などで行った「防疫活動」(細菌戦のこと)、関東軍兵士による「731部隊」への移送、同部隊の責任者・石井四郎氏の活動記録が含まれているという。

引用元: 吉林で新たな「731部隊」関連資料発見、移送や人体実験の実情が明らかに―中国|中国情報の日本語メディア―XINHUA.JP – 中国の経済情報を中心としたニュースサイト。分析レポートや特集、調査、インタビュー記事なども豊富に配信。.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中