羽生結弦の金メダル獲得報道記事が、いい話で泣ける

価値観を変えた震災、荒川静香さんの精神的サポート
序盤は、東日本大震災と羽生選手の関係に触れている。震災の瞬間、羽生選手が地 元・仙台のスケートリンクで練習していたことや体育館の緊急避難所で両親らと3日間過ごしたことなどを紹介。さらに羽生選手が自著「蒼い炎」において、震 災が自身の価値観を完全に変えてしまったことを伝えている。
記事はさらに、震災が羽生選手に与えた影響について掘り下げている。震災後に練 習拠点を横浜へと移し、学校へ登校するのは難しいと感じていたこと、被災者に恩恵を与えられるようにスケートを滑っていたが、真剣にスケートをやめようと 悩んでいたこと……。スケートをやめようという考えは、仙台市民や羽生選手の精神的サポートをしてきたトリノ五輪の金メダリスト・荒川静香さんによって改 められたと記されている。
引用元: NYタイムズの羽生結弦の金メダル獲得報道記事が、いい話で泣ける | マイナビニュース.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中