片山被告がスマートフォンを埋めているのを捜査員が目撃していた。スマホの通信状況 – NAVER まとめ

片山被告がスマートフォンを埋めているのを捜査員が目撃していた。スマホの通信状況などを調べたところ、メールを送信した記録が確認され、捜査当局はタイマー機能を使って送信したとみている。

16日のメールは「真犯人」と名乗ったうえで、「片山氏をスケープゴートにした」と記載。片山被告のPCをウイルス感染させて遠隔操作し、罪をかぶせたとする経緯や、犯人しか知り得ない「秘密の暴露」として、脅迫文の内容なども取り上げたうえで「1億円ぐらい補償してあげてくださいね」などと書かれていた。

引用元: PC遠隔操作”片山被告がスマートフォンを埋めているのを捜査員が目撃していた。スマホの通信状況 – NAVER まとめ.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中