サイバー攻撃:「米国が捏造」 刑事訴追に中国が抗議 – 毎日新聞

米政府は米企業への中国のスパイ活動を非難してきたが、刑事訴追は初めて。司法省は、中国人民解放軍のサイバー攻撃の拠点とされる「61398部隊」に所属する5人を特定し、訴追した。

攻撃対象となったのは原発大手ウェスチングハウスや鉄鋼大手USスチールなど6企業・労組。5人は2006〜14年、これらの企業などのコンピューターに侵入するなどスパイ活動を行い、原発や製品に関する企業秘密などを盗んだ。中国の国営企業などが競争上有利になるよう利用されたという。

米中は昨年7月、サイバー安全保障問題について実務者同士で協議する作業部会を設置。サイバー分野でのルール作りなどを進めることで合意した。中国側が中止を決めたことで、米中の対立が激化する可能性がある。

引用元: サイバー攻撃:「米国が捏造」 刑事訴追に中国が抗議 – 毎日新聞.

 

麻生太郎氏は米に盗聴されていた。盗聴費用の過大請求したとして、Sprint社を提訴

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中