佐世保同級生殺害、母東大・父弁護士・有名な高台の高級住宅街で暮らしていた幸せな文武エリート一家 – NAVER まとめ

幼少期から少女を知る女性は「あまり笑わない。頭が良すぎるのか、少し変わっていた」とも。進学校に通い、父親の影響で始めたスポーツだけでなく、芸術的な才能にも恵まれていた。父親は地元で顔が広く、関係者は「誰もがうらやむような名士の一家」と話す。 ただ、学校関係者によると、少女は小学生時代に同級生の給食に異物を混ぜる問題行動を起こしていた。中学校では小動物の解剖に夢中になっているという噂が広まり、「少し浮いた感じになっていた」と

引用元: 佐世保同級生殺害、母東大・父弁護士・有名な高台の高級住宅街で暮らしていた幸せな文武エリート一家 – NAVER まとめ.

広告

ウクライナのスホイ25のパイロット マレーシア機撃墜を認める – News – 政治 – The Voice of Russia

ドイツ紙Wahrheit für Deutschlandは、マレーシア航空のボーイング777型機を撃墜したとみられるウクライナのスホイ25のパイロットから話を聞くことに成功したとする記事を掲載した。 Wahrheit für Deutschlandはドイツの主要紙ではないが、同紙は、スホイ25のパイロットが、マレーシア機を撃墜するために、同機に搭載されている砲を使用したと主張している。 Wahrheit für Deutschlandによると、スホイ25は、ロシア参謀本部が提出した画像に写っていたという。 パイロットの名前は明らかにされていないが、このパイロットは、自身が操縦していたスホイ25に搭載されている砲で、マレーシア機が撃墜されたことを認めたという。 なお、パイロットがマレーシア機の撃墜を認めたのと同時に、明確な穴があいているマレーシア機の破片の写真が公開された。複数の専門家たちはこの穴について、地対空ミサイルシステム「ブーク」では、このような穴はできないとの見方を示している。続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_29/275232268/

引用元: ウクライナのスホイ25のパイロット マレーシア機撃墜を認める – News – 政治 – The Voice of Russia.

南乃彩希、自らスカウト!女優デビュー 中一“根性娘”南乃彩希、チア日本選手権で金賞も – – NAVER まとめ

南乃彩希、自らスカウト!女優デビュー 中一“根性娘”南乃彩希、チア日本選手権で金賞も – – NAVER まとめ

日刊ゲンダイ|また賃料絡みの揉め事で訴訟…「米国在外公館」やりたい放題

軍事基地に限らず、日本は米国の食い物にされている。 大阪市北区にある駐大阪・神戸米国総領事館が、隣接するオフィスビルの屋内駐車場の管理費や電気代を03年以降、一切払っていないことが明らかになった。ビルの管理組合は米国政府を相手取り、管理費など1900万円の支払いを求めて大阪地裁に提訴。さる18日の第1回口頭弁論で、米国側は「支払わなくていいとの合意があった」と請求棄却を求め、全面対決となっている。 1900万円程度の“雑費”の支払いをゴネる米国。相変わらず日本を“属国”と思っているから、管理費など支払う必要がないという感覚なのだろう。

引用元: 日刊ゲンダイ|また賃料絡みの揉め事で訴訟…「米国在外公館」やりたい放題.

 

台風8号を宇宙から撮影した画像がヤバい! 台風の眼がハッキリしすぎていて海外ネットユーザーも戦慄

驚いた

ロケットニュース24

reidwiseman

非常に大型の台風8号(ノグリー)が発達しながら、北上を続けている。2014年7月8日には沖縄に上陸すると見られ、10日頃には九州・四国地方にも上陸する可能性があるという。

台風の規模については、「10年に1度の規模」とも「過去最強クラス」とも言われており、沖縄では「台風等に関する特別警報」が発表される見込みだ。いずれにしても、十分に注意した方が良い。その台風の威力を物語る画像が宇宙から撮影されていた。その画像を見ると、台風の眼が非常にハッキリとしており、海外ネットユーザーでさえも戦慄しているのだ。これは用心だ。

元の投稿を表示 さらに12語

美人妻が「セックスしたい」と大暴走――『次々と、性懲りもなく』の描く欲深き女の魅力|サイゾーウーマン

真紀は、産まれながらに人を惹きつける容姿を持っている。しかし容姿以外には、取り立てた才能もやりたいこともなかった真紀は、母から「結婚するなら、医者か弁護士」と教えられた通り、お見合いパーティーを通じて歯科医と結婚した。 ゴールインしてから3年。広い庭付きの戸建てに住み、夏には軽井沢の別荘に出掛け、週に一度はメイドが掃除をしにきてくれる。そんなこれ以上ないくらいの贅沢な暮らしを送っているのだが、ただ1つ、真紀には満たされない欲望があった。それは性欲だ。 歯科医という仕事柄、夜になると夫の気力は残されていない。淡白な夫とのセックスは次第に回数が減り、真紀は自慰で性欲を満たすようになった。 自分の指を操り、「イク」ことを覚えた真紀は、これが男の人が相手だったら一体どうなるのだろうという好奇心から、家庭の外に男を求めるようになる。最初のターゲットは、中学時代の同窓会で再会した成瀬隆史。真紀は、一線を超えようと意気揚々に挑んだが、彼とのセックスでは満足できずに、ほかの男を探す。 次の標的は、学生時代の知人であり、当時から遊び人だった香山だ。再会した時から、香山は真紀の「セックスがしたい」というもくろみを把握していた。食事とドライブの後でホテルにチェックインし、真紀は香山の荒々しい唇を受け入れるのだが――。 金も美貌も何不自由ない暮らしも手に入れ、なおかつ気持ちいいセックスもほしい。タイトル通り“性懲りもなく”次々と欲しがり、手に入れる真紀。筆者をはじめとする、“持たざる”読者は、そんな彼女が実に浅はかであることに気づくだろう。香山に抱かれて悦ぶ真紀は、彼が自分自身を蔑んでいることに気付いていない。そこが彼女の最大の落とし穴なのだ。 しかしながら、そんな底なしの欲望を持つことに対して、何ひとつ悪びれず、迷いを抱かないところに魅力も感じてしまう。

引用元: 美人妻が「セックスしたい」と大暴走――『次々と、性懲りもなく』の描く欲深き女の魅力|サイゾーウーマン.

美人妻が「セックスしたい」と大暴走――『次々と、性懲りもなく』の描く欲深き女の魅力|サイゾーウーマン

『次々と、性懲りもなく』(菅野温子、マガジンハウス) 美人の欲は、底なしだと思う。生まれながらの美貌は、幼い頃から彼女たちに特別感を与える。筆者が幼稚園児だった頃、同じ園に通っていた幼児モデルをしていたクラスメイトは、お遊戯会で当たり前のように主役を演じていたし、小学生の頃の美形の友達は、誕生日やホワイトデーには男子から大量のプレゼントをもらっていた。自分からアプローチしなくても、自然と周りにもてはやされてしまう。だからこそ、自分の思い通りにいかないことに遭遇すると、とまどい、許せなくなってしまう。美人がそのほかの人よりも欲深くなるのは当然だ。  今回ご紹介する『次々と、性懲りもなく』(マガジンハウス)の主人公・真紀は、産まれながらに人を惹きつける容姿を持っている。しかし容姿以外には、取り立てた才能もやりたいこともなかった真紀は、母から「結婚するなら、医者か弁護士」と教えられた通り、お見合いパーティーを通じて歯科医と結婚した。 ゴールインしてから3年。広い庭付きの戸建てに住み、夏には軽井沢の別荘に出掛け、週に一度はメイドが掃除をしにきてくれる。そんなこれ以上ないくらいの贅沢な暮らしを送っているのだが、ただ1つ、真紀には満たされない欲望があった。それは性欲だ。 歯科医という仕事柄、夜になると夫の気力は残されていない。淡白な夫と

引用元: 美人妻が「セックスしたい」と大暴走――『次々と、性懲りもなく』の描く欲深き女の魅力|サイゾーウーマン.