死ぬまで現役 下半身のツボ スイカ、トマト、オクラで夏を乗り切る! – 週刊実話

スイカといえば、まさに夏の野菜。少年時代、夏休みのオヤツとして、スイカばかり食べていた中年男性も多いだろう。しかし、“精がつく食べ物”としては馴染みがないはずだ。 「スイカには『シトルリン』と呼ばれるアミノ酸の一つが含まれているんです。これが非常に重要で、体内に入ると血流を刺激して、一酸化窒素を増産する働きがあるんです」 この「一酸化窒素」というのが血液を促して、ペニスの海綿体に十分な血液を送るという役目を果たしているのだ。 すでにこのコーナーで何度か紹介しているが、勃起とは、ペニスの海綿体に血液が送られて硬くなる仕組み。 逆に言えば、インポテンツや中折れが起きてしまう理由の一つは、海綿体に十分な血液が送られていないためだ。 「さらに、『シトルリン』を摂取することで、『アルギニン』の生成にも繋がるんです。ちなみに『アルギニン』とは、精液の80%を占めるアミノ酸。つまり、精子の量を増やし、質の良い精子を作ってくれます」

引用元: 死ぬまで現役 下半身のツボ スイカ、トマト、オクラで夏を乗り切る! – 週刊実話.

 

夫の隠し持つAVで発情し異物挿入に耽る欲求不満妻 他大人話

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中