ワーキングプア、1100万人超、政権は非正規雇用をさらに拡大する方針 | オタク.com

働く貧困層 1100万人超年収200万円以下 安倍政権発足1年で30万人増2013年に民間企業で働いた労働者のうち年収200万円以下のワーキングプア働く貧困層が1100万人を超えたことが国税庁の民間給与実態統計調査(26日発表)でわかりました。1119万9000人でした。安倍晋三内閣発足1年で30万人増えました。また、このうち年収100万円以下の労働者は421万5000人です。年収200万円以下の層が1000万人を超えるのは8年連続。15年前の1998年と比べると1・4倍の増加です。全体に占める比率は24・1%。98年の17・5%から大幅に高まっています。過去15年間で比較すると、給与階級の中位にある年収400万円超800万円以下の労働者は10%減。いわゆる「中間層」が減り、低賃金の層が増えました。安倍政権は「働き方改革」と称して「限定正社員」など非正規雇用をさらに拡大する政策を打ち出しています。

引用元: ワーキングプア、1100万人超、政権は非正規雇用をさらに拡大する方針 | オタク.com.

派遣法改正で本当に正社員の仕事はなくなる?非正規増えベースアップで賃金格差拡大へ

正規社員1か月で17万人減少し求人倍率は0.68倍非正規雇用過去最高!アベノミクス

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中