国家権力批判はあっていい、対峙するのはマスメディアの崇高な使命。

権力批判はあっていい、いやそもそも国家権力に批判的に対峙するのはマスメディアの崇高な使命であります。

だからこそ、具体的根拠を明示すべきだし、今回のように権力側から反論されたならば、言論でもってしっかりと根拠をもって反論しなければなりません。

今こそあなたの主張の正しさを世に知らしめる絶好の機会であります。

古賀茂明氏は、公共の電波で権力批判したのですから、ここで具体的な事実を公開して全面的に反論する責任があります。

引用元: 古賀茂明さん、チャンス到来です!国家権力が釣られましたですよ。〜国家権力の言論弾圧の実態を今こそ「正義」の言論にてぶちかませ!!.

 

I am not ABE,批判をするとテレビを降板になる.国家権力の言論弾圧の実態を公開すべき


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中