原発攻撃被害、外務省が極秘に研究 被ばく死は最悪1万8000人:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)

国内の原発が戦争やテロなどで攻撃を受けた場合の被害予測を、外務省が一九八四(昭和五十九)年、極秘に研究していたことが分かった。原子炉格納容器が破壊され、大量の放射性物質が漏れ出した場合、最悪のシナリオとして急性被ばくで一万八千人が亡くなり、原発の約八十六キロ圏が居住不能になると試算していた。研究では東京電力福島第一原発事故と同じ全電源喪失も想定していたが、反原発運動が広がることを懸念し公表されなかった。

八一年にイスラエル軍がイラクの原子力施設を空爆したことを受け、外務省国際連合局軍縮課が外郭団体の日本国際問題研究所(東京)に研究を委託。研究成果は「原子炉施設に対する攻撃の影響に関する一考察」と題した六十三ページの報告書にまとめられ、本紙が情報公開を通じてコピーを入手した。

引用元: 原発攻撃被害、外務省が極秘に研究 被ばく死は最悪1万8000人:一面:中日新聞(CHUNICHI Web).

日本が原発攻撃なら最悪1万8000人被ばく死、外務省。ミサイルで原発攻撃すれば日本消し去れる

中国の核燃工場建設が住民の反対デモ受け中止!中国の反原発運動:拡大を恐れる政府

岩路ディレクター自殺!? 福島の子供の被曝問題を報道ステーションで 原発事故に斬り込んでいた

原発再稼働が高まってきた訳 日本に原発輸出させて米国が特許料で儲ける仕組み

 

川内原発の再稼働を急ぐ鹿児島県知事と九電の“蜜月関係” 他

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中