残薬問題、多くの患者に「薬を貰うことでお金の支払いが発生しているという認識」がまったくない、

“多くの患者に「薬を貰うことでお金の支払いが発生しているという認識」がまったくない、というのが実情である。

治癒の遅れと服用されない薬に対するコストは、結局医療費に跳ね返っていく。医療費が増大すれば、国は引き締めに動くこととなり、診療行為に対する支払要件が厳しくなることで、医療機関も患者も負担が増加することとなる。

患者・医療者ともに、これらの意識・感覚を修正するための啓蒙活動が必要である。”

出典残薬の問題について �

“調剤薬局で受け取った薬が、自宅に残る理由について

●薬の説明(薬剤情報)はすぐに捨ててしまい、何の薬かわからなくなる

●症状が改善し服薬を停止したが、その後自分で服用してよいか判断できない”

引用元: 残薬問題、多くの患者に「薬を貰うことでお金の支払いが発生しているという認識」がまったくない、 – NAVER まとめ.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中