ダイオキシン無害?

環境科学は新しい学問なので、定説が急にひっくり返ることも多いのです

“ダイオキシンが最も猛毒である。少量でも長期にわたり摂取すると、奇形児、生殖異常、発育異常、発ガン、造血障害、免疫機能の低下の可能 ..”

出典http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&cad=rja&uact=8&ved=0CDgQFjAB&url=http%3A%2F%2Frikanet2.jst.go.jp%2Fcontents%2Fcp0130a%2Fcontents%2F04-w02%2Fw02-06.html&ei=kPQpVfyRFoTImwWd2oDgCA&usg=AFQjCNFHn7sX_c1WTzCFYldwzR1jZutRKw&sig2=JrPQZnbAeaf1q7OLid6EyQ&bvm=bv.90491159,d.dGY

出典members.jcom.home.ne.jp

・・? 動物は有害でも、人間の被害証明が無い

“ダイオキシンは大して毒がない」という研究結果が数々示され、法律制定から十余年、疑問点も多く指摘されるようになった。”

引用元: ダイオキシンは大して毒がない」という研究結果が数々示され。証明追求研究は? – NAVER まとめ.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中