国会議員のゲイ率が世界一高い国

イギリスのリベラル派は意気消沈しているかもしれないが、朗報もある。女性の下院議員は191人と史上最多に、黒人など民族的少数派の議員数も15人増えた。そしてLGBT(同性愛者などの性的少数者)議員の割合は4・9%(定数650人中32人)と、世界のどの国よりも高くなった。

もちろん、カミングアウトしていない議員もいるだろうからどの国においても正確な数字を出すのは難しい。それでも米ノースカロライナ大学のアンドルー・レイノルズ准教授によるデータではイギリスが世界1位だ。同教授は、既にLGBTであることを公言している人と、選挙後に自分もそうであると連絡してきた人たちを集計した。

レイノルズは選挙期間中にLGBTの候補者と行動を共にし、有権者の反応も調査した。その結果、彼らは候補者の性的指向を「ほとんど気にしていなかった」と語る。

引用元: 国会議員のゲイ率が世界一高い国 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト.

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中