米男性が死亡宣告後に蘇生、安置所ではなくICUに緊急搬送 – エキサイトニュース

22日 ロイター] – 米ミルウォーキー州で、死亡宣告を受けた男性(46)が突然息を吹き返し、安置所に運ぶ準備をしていた監察医と救急医療隊員を驚かす出来事があった。州当局が22日明らかにした。

監察医の報告書によれば、丸2日間男性からの連絡がないため心配したガールフレンドが、救急医療施設に連絡。救急隊員がその男性のアパートに駆けつけると、男性はベッドの下で青ざめて冷たくなり、既に硬直していたという。その際、蘇生措置は施されなかった。

約50分後に監察医が到着して男性の家族に死亡を宣告し、遺体を安置所に運ぶ準備をしていると、その男性は左腕と右足を動かし始めたという。急きょ救急隊員らは男性を近くの病院に搬送し、ICU(集中治療室)に収容した。

引用元: 米男性が死亡宣告後に蘇生、安置所ではなくICUに緊急搬送 – エキサイトニュース.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中