国内最古の鏡鋳型、福岡で出土 朝鮮製の定説覆す:朝日新聞デジタル

国内最古となる弥生時代中期前半(紀元前200年ごろ)の青銅鏡の鋳型が、福岡県春日市の須玖(すぐ)タカウタ遺跡で見つかった。国内初出土の「多鈕(たちゅう)鏡」の鋳型で、市教育委員会が27日、発表した。当時の権威の象徴だった多鈕鏡はすべて朝鮮半島製とする定説を覆し、金属器文化の日本到来と同時に鏡の国内生産が始まったことを示す発見だ。

鋳型は石製の破片で、長さ5・1センチ、幅2・5センチ、厚さ2・3センチ、重さ39グラム。朝鮮半島産とみられる滑石製で、復元すると直径15センチほどになる。鏡の裏側にある鈕(つまみ)の一部と、複数の直線や曲線が彫り込まれていた。甕棺(かめかん)墓とみられる穴から昨年出土した。

引用元: 国内最古の鏡鋳型、福岡で出土 朝鮮製の定説覆す:朝日新聞デジタル.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中