ブラック企業・・

残業中にタイムカードを押すよう強制され、きちんと残業代をもらっていない

社会保険労務士の一部が、監督官の調査手法や対処法を企業に指南していることも一因

労働者の意見を職場に反映させる仕組みや、紛争を解決する制度の充実も含めて、労働者を守る環境を整備する必要がある

監督官1人当たりの労働者数は約1万6400人で、国際労働機関(ILO)が目安とする「最大1万人」に対して配置数が大幅に不足している。ドイツの約5300人、英国の約1万800人と比べても極めて手薄だ。

企業内労組が経営側の問題を覆い隠す経営と労組のゆがんだ関係 御用組合民主主義は茶番

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中