高齢者では筋力を保つために蛋白質が必要(2015.6.22掲載)

高齢者において、筋肉量と筋力を維持するために蛋白質の豊富な食事が必要だとの研究結果が報告された。植物性蛋白は筋力維持に役立ち、動物性蛋白は筋肉量と関連するという。

米ヘブライ・シニアライフ加齢研究所(ボストン)のShivani Sahni氏らが米国立衛生研究所(NIH)の資金援助を受けて実施した研究で、論文は「Journal of Nutrition」オンライン版に掲載された。

Sahni氏らは、フラミンガム子孫コホート研究(Framingham Offspring Cohort study)に参加した平均60歳の男女2,600人超のデータを収集した。対象者の蛋白摂取量、下肢の除脂肪筋肉量、大腿部筋力を1998~2001年のさまざまな時点で測定した。

その結果、筋肉量と筋力の維持には、男性で1日約85g、女性で約75gの蛋白質を要していた。除脂肪筋肉量が最も多かったのは、総蛋白および動物…

View On WordPress

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中