光ファイバーの限界、ついに突破される : ギズモード・ジャパン

より速く、安価な未来へ!

光ファイバーの速度限界に達した時、インターネットの終焉が始まるという説。これ、杞憂かも知れません。先週の木曜日、技術者たちがサイエンスに投稿した論文によると、彼らは光ファイバーの速度限界を突破し、将来的により大量のデータを遠くに、低コストで送信する可能性を切り開いたそうです。

世界全体でインターネットの需要が高沸するなか、電気技術者たちは、データをより高速で伝達するため、光ファイバーケーブルを通る信号を強くする事で対応してきました。しかし、光ファイバーには物理的な限界があります。出力をあげすぎると、データを運ぶレーザー同士が干渉しはじめ、最終的に信号が劣化し、データが消えてしまうのです。

ここ最近、速度限界によるインターネット恐慌がまことしやかに囁かれるようになりました。専門家の中には、終焉の時は早ければ5年以内にやってくるという人もいます。

だからこそ、この新しい成果はタイムリーなのです。カリフォルニア大学サンディエゴ校のQualcomm Instituteにて行われた実験で、電気技術者たちは光ファイバーの信号を20倍近く増幅することができました。そして過去の記録を破る7400マイル(約1万2000km)を通った信号は、高価な信号再生機を使う事なく読み取る事ができました。

光ファイバーにおいて、情報はキャリア毎に異なる周波数で伝達されています。しかし、ケーブルを通して光をより多く、早く伝達しようとすると、キャリア同士の光の混信や干渉が増えます。

引用元: 光ファイバーの限界、ついに突破される : ギズモード・ジャパン.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中