比較研究:移民の健康、寿命、死亡パターン

いい記事です。

アメリカ ウオッチ Yuko's Blog

米国の移民人口は1970年の950万から2002年には3,200万と約30年間で著しく増大した。 白人、黒人、日本人や中国人を含むアジア系、ヒスパニック系の人口層の健康、寿命、及び自殺と殺害を含む死亡パターンの違いを研究した複数の学者の報告によると、癌や他の慢性疾患(胃癌、肺癌、肝臓癌、子宮頸癌、前立腺癌、乳癌、心血管疾患(CDV)、肝硬変、糖尿病、呼吸器疾患、結核、ウィルス性肝炎及びその他の感染症、HIVによる死亡パターンは移民とネイティブ(米国で生まれた人)との間にかなりの差がある。また、ほとんどの移民グループの乳児死亡率と低出生体重(LBW)は米国生まれの乳児よりリスクが低い。更に、出生時平均年余命は米国生まれのアジア系男女が同人種の移民より長く生きる傾向がある。別の研究によると、女性の健康には人種、民族、国籍、年齢によって大幅な変化がある。

元の投稿を表示 さらに48語

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中