長崎の15歳少年自殺は第3者委が報告書 原因は「過酷ないじめ」・・第3者委員会は良くやってくれました。

2年前に自ら命を絶った、長崎県の15歳の少年。自殺について調査を行っていた第3者委員会は、6日、原因は「過酷ないじめ」とする報告書を公表した。新上五島の江上悦生町長は「かけがえのない、尊い命を守ってあげることができず、誠に申し訳なく、心からおわびを申し上げます」と述べた。遺影を手にした遺族の代理人に渡された、第3者委員会の報告書。2年前、長崎・新上五島町で、自ら命を絶った、当時中学3年生の松竹景虎君(当時15)。第3者委員会の大谷辰雄委員長は「このいじめがあったことと、当該生徒が亡くなったこと、わたしたちの判断は、因果関係はあるということです」と述べた。第3者委員会が出した結論は、いじめが原因の自殺だった。

情報源: www.fnn-news.com: 長崎・15歳少年自殺…

日本の学校はいつも責任逃れでウソをつく・・

教育委員会だって ウソをつく・・

先生の先輩が教育委員会になるのだから・・

 

今回の第三委員会は 偉いとおもいます。

 

 

障害児を受け入れる良いクラス。事実は違った。いじめを受けていた。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中