Hilary Clinton (ヒラリークリントン大統領候補者)は、候補を辞退せざるを得なくなると予測する。

いい記事です

hiroochi

クリントン元大統領もヒラリークリントン夫婦は、アラバマ州知事時代から、腐敗した活動をしてきたが、今までの悪事が犯罪事件になるすれすれの処にまで、何回も達してきたが、上手く政治的に活動して、犯罪になる手前で問題を握りつぶして来れた事はアメリカ政治事件をよく知っている専門科たちには有名である。’ヒラリーが国務長官の時代に海外の後進諸国から、大金を吸い取る為に、ヒラリーが裏で、それらの諸国に役に立つように動き、諸国からのキックバックとなる資金は、クリントン夫婦の慈善団体に指名されている組織にビル クリントンが講演代として、何億万円に及び資金をが受け入れられていた事も発覚している。 それらの資金を扱っているクリントンの慈善団体に指名されておくられてきた資金は、自分らの旅行費など、個人向けの旅行費、その他、自分らの役に立つように仕分けされ使われてきた事も明白になってきている。 資金のわずか、10%から15%ぐらいしか、慈善事業に使われずに殆どが自分らの個人的に役立つように振り分けられていたようだ。 ヒラリーが国務長官で居た時代に自分の電子メールは、自分の家庭のコンピュータを利用してきた。その結果、電子メールが国務省のコンピュータを利用しなかった事が発覚してしまい、沢山の言い訳をしてきているが、最近にやっと、判ってきて、アメリカ政府の重要情報が大量にクリントン個人所有のサーバーに使われてきた事で重大問題になっている。ヒラリーは、個人情報を除去した後、共和党が、ここ2年余り使われてきたサーバーの情報を調べようとしてが、完全に除去されてきた。除去をヒラリーの個人判断に任せれてきたようであったので、除いたわずかの情報だけを関係者たちに提出された。やっと、数年かけて、やっと応じる事となった。 ヒラリー全情報を完全に消してしまったおいたのであるが、国務長官時代の情報は、ヒラリー個人の所有権でなく、国民が所有している事であるから、其の情報探しに、沢山の人々が興味を持っていた。 2年余り駆けて、利ラリー個人のサーバーがやっと、FBIの手に渡され、何ヶ月も駆けて、除去された情報を回復、再現できるかどうか調査されてきた。今日うわさであるが、どうもヒラリーが個人情報であると主張して除去したはずの情報を再現される事が可能であれば、ヒラリーは今までうそばかりついてきた事が実証されるだけでなく、多分隠してきた情報には、ヒラリーが国務長官時代に通信してきた政府関連の機密情報から、個人的に不利な、国務長官として、自分の立場を悪質に活動してきた情報が明らかに公開される可能性が高い。すれば、ヒラリーは、犯罪者として告訴されることは確かであるだろう。そうすれば、大統領候補にはなれなくなる。ビルクリントン、ヒラリークリントンの40年あまりに、種々の悪事のわずか一部ではあるが、実証されるはずである。

元の投稿を表示

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中