アカミミ池

良いお年をお迎えください。

ありがとうございました。

フレブル日和

iZooのアカミミ池。

引き取りもしてくれるようです。

お昼は久々、徳造丸。

お酒が飲みたくなるメニューです。金目の煮つけとそぼろの漁師煮丼。

食べながら外を見ると、家の屋根に仏像らしきものが...

近くに寄ってみると、民家ではなく、お寺の中の建物の上でした。

ちょっと小さ目の正常寺大仏。

元の投稿を表示

ビートたけし - 安倍政権批判と道徳を語る

KOHGEE. 小さなお庭

27

http://office-kitano.co.jp/talentposts/370 から画像キャプチャ

ビートたけしが安倍政権の道徳教育を真っ向批判!
「道徳を守れないお前らが道徳を語るな」「日本の道徳観は単なる郷愁だ」 LITERA
http://lite-ra.com/2015/10/post-1615.html

タイトルだけを見ると、押しつけがましそうなうさん臭さがプンプンするが、中身は意外にも、道徳そのものを疑い、問い直す内容だ。

そもそも道徳とは何かということを、たけしはこう綴る。

〈道徳なんてものは、権力者の都合でいくらでも変わる。
少なくとも、いつの時代も、どんな人間にとっても通用する、絶対的な道徳はないっていうことは間違いない。それだけは頭に入れておいた方がいい〉

〈道徳は社会の秩序を守るためのもの……といえば聞こえはいいけれど、それはつまり支配者がうまいこと社会を支配していくために考え出されたものなんだと思う〉

そして、文科相の学習指導要領の「社会全体のモラルが低下している」という一文には、〈俺の個人的感想をいわせてもらえれば、社会のモラルは良くなった気がする〉〈モラルが低下したというのは、要するに自分のモラルに自信がなくなっているということだろう〉という。

〈学習指導要領には、「児童の道徳性の育成に、大きな影響を与えている社会的風潮」のひとつとして、「物や金銭等の物質的な価値や快楽が優先される」とある。
それはあんたたちのことだろう! と、とりあえずツッコんでおく。景気が良くなれば、世の中すべてが上手くいくみたいなことをいっているのは、いったいどこの誰だろう〉

〈「隣の席のヤツがナイフを持っているので、僕も自分の身を守るために学校にナイフを持ってきていいですか」って生徒が質問したとして、「それは仕方がないですね」と答える教師はいるだろうか。いるわけがない。
だとしたら、隣の国が軍備拡張したからって、我が国も軍備を増強しようっていう政策は、道徳的に正しくないということになる。いかなる理由があっても喧嘩をしてはいけないと子どもに教えるなら、いかなる理由があろうと戦争は許されないってことになる。(中略)
ところが、大人たちはどういうわけか、そっちの話には目をつぶる。
子どもの道徳と、国家の道徳は別物なのだそうだ。戦争は必要悪だとか、自衛のためには戦争も辞さぬ覚悟が必要だなんていったりもする〉

ここでたけしは「戦争反対といいたいわけじゃない」と述べる。〈道徳を云々するなら、まずは自分が道徳を守らなくてはいけない。それができないなら、道徳を語ってはいけないのだ〉と言うのだ。つまり、安倍首相およびそのシンパがやっていることや言っていることは筋が通っていないじゃないか、という話である。

また、安倍首相は道徳教育について「(日本古来の)伝統と文化を尊重する」「郷土愛、愛国心をちゃんと涵養する」と話すが、日本の伝統・文化からもたらされる道徳とは何か。これについても、たけしは切り込む。

〈誰もが田んぼを作っていた時代に、「和をもって貴となす」という道徳には根拠があった。田んぼの水は公共財産みたいなものだから、誰かが勝手なことをして、水を自分の田んぼにだけ引いたりしたら、他の人が生きられない。田植えにしても稲刈りにしても、近所や親戚が協力してやるものだった。周囲との衝突を嫌う日本の文化が、日本的な道徳の根拠だろう。
だけど、そういう時代はとっくの昔に終わってしまっている。(中略)
昔ながらの日本的な道徳観を支えているのは、単なる郷愁くらいのものなのだ〉

絶対的な道徳など、この世にはない。だから、たけしは道徳を〈牧場の柵〉と表現する。〈牧場の持ち主が変われば、柵のカタチや場所が変わる。昨日まで自由に行き来できたところが、いきなり立ち入り禁止になったりもする〉からだ。日本は敗戦によって〈戦前の道徳がひっくりかえって〉、道徳よりも経済活動に邁進したが、〈今頃になって、日本人はエライとかスゴイとか、日本人の道徳を取り戻せなんていい出したのは、その反動に違いない〉とたけしは看破する。そして、こう続ける。〈誰かに押しつけられた道徳に、唯々諾々と従うとバカを見る。それはもう、すでに昔の人が経験済みのことだ〉と。

抜粋引用

元の投稿を表示

One World, Many Angles: A Selection of Images from 2016

良い記事です

Discover WordPress

To compile this collection, we sifted through our editors’ picks, photography posts with the most views, likes, and comments, and the sites of photographers who published standout work this year. These photographs represent a small sample of the images you’ll find on WordPress.com. We’re proud to host such a diverse and enthusiastic community of photographers.


Photo by Carlos Eliason, Elias Visuals. Photo by Carlos Eliason, Elias Visuals.

At Elias Visuals, visual artist Carlos Eliason shares images from his travels and outdoor adventures. Earlier this year, he explored the abandoned PG&E Powerhouse in Sacramento, California, which is soon to become a science museum.


Photo by Hristo, In a Search of Balance. Photo by Hristo, In a Search of Balance.

Hristo at In a Search of Balance is always on the move, having traveled to Antarctica, Turkey, Iran, and more in 2016. In June, he published a photo essay from his trip to the old Buzludzha Monument in the Balkan Mountains of Bulgaria. Here, he frames a…

元の投稿を表示 さらに769語