5/28深夜0時50分「村と科学者~避難解除の福島・飯館村~(仮)」 【MBS・映像’17】津村健夫ディレクターによる今中哲二さんの番組

良い記事です

Silmaril Necktie

今中さんを追っかけて10年になる津村健夫ディレクターの作品。

私はまだ6年で、あの「なぜ警告を続けるのか ~京大原子炉実験所・異端の研究者たち~」という、今中さんと小出さんの追っかけ番組で初めて今中さんを存知あげることになったものだ。

この番組にどれくらい期待しているかというと、番組を見るためにテレビを修理することにしたくらいだ。
ガラケーの写真の中に津村さんから取材をうける今中さんの写真があるはずだから、今度探しておこうと思う。

そういえば今年の3/11の夜といえば、新聞うずみ火の集会後の交流会でM先輩が横に私がお向かいで、今中さんにお酌をしていたっけ。

==========

村と科学者~避難解除の福島・飯館村~(仮)

http://www.mbs.jp/eizou/ 【MBS・映像’17】
5月28日(日) 深夜0時50分~

福島県の北部にある飯舘村(いいたてむら)は人口6,000人、農業と肉牛で村おこしに励み、四季折々の風景が美しい村だった。村の大部分は福島第一原発から30キロ以上離れていたが、2011年3月の原発事故では気象状況のために大量の放射性物質が雨と雪によって降下し、山や田畑、住宅を汚染した。事故発生当初、村民には放射能汚染についての情報がほとんど知らされず、1か月以上経ってから国は村を“計画的避難区域”に指定。人々は物事の判断を十分に行う暇もないまま全村避難させられ、故郷を奪われることになった。

この飯舘村に事故発生当初から入り、放射能汚染の測定を続けている科学者がいる。京大原子炉実験所の今中哲二さんだ。村内をまわって空間放射線量や土壌汚染のデータを測定し、広く一般に開示している。「飯舘村を汚染している放射性物質は、主にセシウム134(半減期3年)とセシウム137(半減期30年)。理論どおりに減衰してはいるが、汚染がほぼなくなるまでに、50年100年単位の時間がかかる」と今中さんは言う。原子力の専門家として、1986年にソ連で起きたチェルノブイリ原発事故を主に研究してきた。今中さんは福島とチェルノブイリを重ね合わせて、こう言う。「いったん原発事故が起きると、周囲20~30キロの地域・文化がまるごと失われるという点では、同じことが起きている・・・」

今年3月31日。飯舘村では避難指示が解除された(一部帰還困難地域を除く)。宅地や農地の大規模な除染の結果、年間の追加被ばく線量が20ミリシーベルトを下回るようになったというのが理由だが、山林の除染は手つかずで、村内には高線量が計測される“ホットスポット”が点在する。5月1日現在、村に戻ったのは259人。全人口の4%足らずで、ほとんどが高齢者だ。そんな村は、いま国からの交付金で財政は潤い(予算額は原発事故前の4倍)、道の駅や子ども園などの公共工事が急ピッチで進められている。原発事故での強制避難と解除を経験した村は、巨額の公費の下でどう再生を果たそうとしているのか、村民と科学者それぞれの視点から考える。

元の投稿を表示

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中