英マンチェスターの爆破テロで ホームレスの男性たちが犠牲者らの救助に奔走していた

ホームレスが犠牲者に与えたぬくもり 英マンチェスター爆破テロ

現場の会場の入口近くで物乞いをしていたクリス・パーカーさん(33)は爆発の衝撃で自分も地面にたたきつけられたという。パニックになった観客が会場から出ようと逃げ惑うなか、パーカーさんは逆に人が倒れ、泣き声のする方向へ走りよった。その時の心境をパーカーさんは「直感」的に助けなければと思ったと語っている。 パーカーさんは両足を失ってしまった少女を抱きしめ、家族と一緒にコンサートにきていた60代の女性を腕に抱えて最期をみとった。ふたりとも恐怖のどん底でパーカーさんの慰めとぬくもりを得ることができた。 パーカーさんのほかにも「本能的に」助けに走ったホームレスの男性がいた。スティーブン・ジョーンズさん(35)。マンチェスターには困っている人たちを助けてくれる市民がたくさん多く、自分もお返しをしなければと思っていたと話している。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中