なぜかロードバイク

Think about

ロードバイクを買った.お金が全くないのに,である.

私は29才で働いていない.正確に言うと,大学院の博士課程にいる.で,バイトをしているぐらいである.で,アラサーにして,貯金は10万円ぐらい.当たり前だがいい年をして,親から仕送りなどあるはずもない.

大学をなんとなく修士まで進んで,なんとなく,地元近くの会社に就職をした.今の日本ではよくあることらしいが,弊社ももれなくいわゆるブラック企業であった.ガテンな社風,当たり前みたいな深夜までのサービス残業,休日出勤の日々に耐えれず,二年ほどで会社を辞めた.辞めてよかったと思う.辞める!という意思が残っている間に行動できてよかったと思う.あのままやっていれば,いずれ心身共に壊していた.

行く当てがないので,元いた大学のラボにお願いをして,拾ってもらった.修士の次は博士課程で,3年間通う必要がある.3年間の猶予が出来た.ほっと一息つく.しかし猶予といっても,博士課程は大変だ.しっかり結果を出して,しっかり論文を書かないと,卒業させてはもらえない.

いま,その3年間のうちの2年間が過ぎた,論文は一つも出していない.やる気もない.というか,はっきり言って,今自分は鬱だと思う.起きあがるのすら,一生懸命エネルギーを絞り出して,なんとか起き上り,命からがらラボに向かう,といった様子である.あと1年間で論文を2つ書いて審査に通らないといけない.やる気も気力もないのに,である.

今,私は道に迷っている,と思う.いい年をして,自分が何者で,何をしたいか,全く分からない.それを考える時期,ということなのかな.無事に博士課程を卒業できたとして,30才.もう,30才.なにもせず,ただ息をしてきた30年.

..と,このようなことを考えて,また憂鬱になり,起き上がれなくなり,今日も日は上り,日は下り,勝手に1日日付が進み,私を崖にまた一歩追いやるのである.恐ろしい.怖い.

アントニオ猪木の「元気があれば,なんでもできる」という言葉がめちゃくちゃ心にしみて,涙をこぼしたことがあった.その通りだ!と思った.元気があれば,本当になんでもできる.逆をいうと,元気がなくては,何一つできない.沈んでいく夕日を眺めて涙を浮かべながら,「せめて,どうすれば元気がでるのか」を考えようと思った.自分という人間はどうすれば元気が出るのか.どうすれば楽しいのか.まず,それを考えようと思った.元気が出たら,前向きな気持ちになって,論文もかけて,どこか就職も出来て,人生が少しは好転するかも?と思った.

そこでやっとロードバイクが登場するのである.きっかけはなんだったのだろう.多分Youtubeで適当に動画を見ていて,ある男性がロードバイクにのって,綺麗な景色の町を走るその様子を収めた動画を見たのだ.「いいなあ」と思った.自転車に乗って,運動して汗かいて,綺麗な景色を見て,お風呂に入って眠ったら,きっと活力がわいてくるのでは?と思った.物欲もほとんどなくなっていた私に珍しく「ほしい」という欲を起こしてくれた自転車.この気持ちを逃してはならない,と思い,ろくに調べもせずにすぐに購入手続きを取った.MERIDAのSculura 100 2017モデル.それが初めて買ったロードバイクだった.

今日が2017/08/21. ロードバイクを受け取ったのが,2017/07/29なので,ほぼ1カ月たった.ロードバイクはめちゃくちゃ楽しい.一漕ぎ一漕ぎビュンと進んで,風も進む.夏の匂いと自分の鼓動と汗.目的地がないのに,どこかに行きたくなる気持ち.逃避癖のある私にピッタリだ.逃げたくなった時に,文字通り,一時的にどこかに逃避させてくれる.もう何度も一緒に逃避をした.ちょっとでも気が落ち込んだり,嫌になったりしたら,自転車にまたがってゆく当てもなくどこかに出かけた.自暴自棄な不良だったなら,ここで大型バイクで爆音とともに夜のとばりに消えるのかもしれないが,私は鬱の無職の中年なので,自転車でその辺を走るだけである.でも,それでもよかった.嫌な気持ちが,汗と一緒に流れ,それが風にのってどこかに消えていく心持がした.

「死にたくなったら,自転車をこげ」

この自分的格言が,田舎町で独りポツンと息をしている29才の男の心に,生まれた.死にたくない,元気に,活力をもって生きて行きたい.楽しく,笑っていたい.奮闘は続く.

元の投稿を表示

広告

8月産経学園 透明水彩風景画 ノルウェー

いい絵ですね

すい・さい・いろ suisaiiro

ノルウェー バレストランドです。

1708ノルウェー

写真は、受講生の村上さんから頂きました。
私に旅気分をいつもおみやげとして写真をいただいています。
ありがとうございます。

元の投稿を表示

ラレーCRDカールトンレコード シングルギア

Cycle Shop Nakahara Diary

S様のラレーCRDカールトンレコード シングルギア

のパーツ交換。

ハンドル

バーテープ

ブレーキレバー

サドル

ボトルケージ

ペダル

サドルバック

を交換しました。

カスタムバイクギャラリー

こちらからどうぞ!!!

ピスト系のハンドルバーに。

ブレーキレバーはクランクと同じポール製。

バーテープは同じくブルックス革製ですが

カラーをハニーブラウンに変更。

ボトルケージは

サドル

ベル

ペダル

とカッパーカラーで統一。

一度お気に入りパーツでくみ上げた後

またパーツ交換すると、違うイメージの自転車になりますね。

自分のイメージ通りカスタムが楽しめるのも自転車の魅力です。

折り畳み自転車でカスタムが楽しめる

というと、やはり

バーディー

が面白いですし、様々なバーディー専用のカスタムパーツが販売されています!

走る楽しさ

カスタムする楽しさ

電車、飛行機などに持ち運んで旅をする楽しさ

3倍楽しめる自転車です。

皆さんにバーディーのあるサイクルライフ、楽しさを是非味わってもらいたい!

ということで

9/9(土)・10(日)

11:00~16:00

サイクルショップナカハラ駐車場にて

パシフィックサイクルズ

新世代電動アシスト自転車ベスビー

合同試乗会

を開催いたします!

7月に発売された

9.87キロ

バーディーモノコックエア

も試乗できます!

パシフィックサイクルズジャパンよりスタッフより

折り畳みの方法

バーディーの楽しみ方

などもご質問いただけます。

さらに

新世代電動アシスト自転車

BESV(ベスビー)

試乗会も同時開催!

スタイリッシュなデザインで

街乗りだけでなく、スポーツでもなく

もうちょっと楽にちょい遠くに行ける自転車です。

無料!

申し込み不要!

ご試乗いただいた方に、当店のみで使用できるクーポン券プレゼント!

最新情報、イベント情報はフェイスブックからもご覧ください!

QRコード-FB【アクセス】

JR南武線 武蔵中原駅北口ををでて武蔵小杉方面へ徒歩5分となります。

フィッシング中原の店中にございます。

フィッシング中原入口よりお入りください。

インターネットカフェ自遊空間

と共同の駐車場となります。

皆様のご来店、心よりお待ち致しております!

■サイクルショップナカハラ 

※JR南武線「武蔵中原」駅北口下車徒歩5分

〒211-0053
神奈川県川崎市中原区上小田中6-16-8
TEL 044-733-5088(電話受付10:00~20:00)
FAX 044-711-3498

【メール】fieldshop@gmail.com
【ツイッター】https://twitter.com/csn_stuff
【ブログ】https://csndiary.wordpress.com/
【Instagram】https://www.instagram.com/cycleshop_nakahara/
【フェイスブック】https://www.facebook.com/NAKAHARA.CYCLESHOP/
【HP】http://www.fs-nakahara.com/cycle/

元の投稿を表示

韓国の反日より、日本の韓国嫌いほうが強い(日韓共同世論調査)対立を煽るような、 マスコミは米国追従させて日本を欧米の食い物にさせる気ではないのですか?

 

韓国は反日感情が強いと言うが、日本人の韓国に対する嫌韓感情のほうが強いとの日韓共同世論調査結果!対立を煽るような、 マスコミは米国追従させて日本を欧米の食い物にさせる気ではないのですか?(より 転載)

 

 
今後の日韓関係への影響を聞いたものだ。
日本では、
「変わらない」が70%、
「悪くなる」が20%、
「良くなる」が5%。
これに対して、韓国では、
「良い」が56%、
「変わらない」が32%、
「悪くなる」が7%だった(中略)
 
今回世界調査によると、韓国人の方が日韓関係について前向きに考えているようだ(中略)
 
韓国が日本に対して反日感情が強いと言うが、……
日本人の韓国に対する嫌韓感情のほうが強いのではないか。
これこそ重大な問題である。(中略)
 
韓国を事実上の植民地にしてしまった……反感を持つのは仕方ない。……
 
日本人の嫌韓感情の根本的な理由はよく分からない。
一つ言えるのは、今、日本人の間でナショナリズムが強くなってきている……
 
日本の中で、「韓国が嫌い」、「中国も嫌い」、最近では、「米国からも自立すべきだ」という感情が高まりつつあると感じる。
 
 僕は、これは非常に危険なことだと思う。
 
日本が、昭和の時代に戦争への道を進んだのはなぜだろうか。そこに極端なナショナリズムがあったからだ。日本が強くなるためには、満州や韓国を日本の領地にしよう。中国を倒そう。そういった極端な思想から、誤った戦争を始めることになったのだ。
 
 僕は戦争を知る最後の世代として、ナショナリズムが危ないことや、
 
特にアジアの国々と友好関係を築かなければならないことを強く感じている。
 
 このナショナリズムを先導しているのは、
マスコミであり日本会議だろう。安倍首相も例外ではない。非常に危険だ。
 
 
 

 
本屋へ行くと
嫌韓煽る本の多いこと・・
 
日本中が、「韓国が嫌い」、「中国も嫌い」、
最近では、「米国からも自立すべきだ」だとさ・・ネットではね ?
 
2ちゃんねるなど ネットウヨの反日怒号が聞こえてくるよな 
ヘイトスピーチが溢れています。
 
憎しみを込めて 韓国民へは 朝鮮人ですもんね。・・?
 
北朝鮮もでしたね・・? 北朝鮮はなんて呼ぶのかな!? 
差別語,侮辱語てありますが書きませんが
 
ネットで良く見ますもんね。
 
国を人に例えて呼ぶなら 常識人なら「韓国さん」 
日本人は偉いから お前らは格下だからと「朝鮮人」
「カタカナで・・の軽蔑語」を 投げつけるのですよね。
 
中国なら シナ(支那)と言う 中国人にとっは言われたくない差別語を
日本人が言うのですよね。
 
石原都前知事は 相手が嫌がる呼称ではしきりに「シナ」と言ってましたよね。
 
この言い方は お前らは嫌い いつでも喧嘩するぞ言ってるように思えます。
中国人が良いことしても・・? 言っても・・お前が言うな・と無視して・・
 
喧嘩売るような言い方が多いと思います。
 
 
日本人の多くが・・本心では中国や韓国を格下の民族として嫌ってますよね。
 
喧嘩ばかりしているから 欧米の植民地にされてましたね。
・・!? 
 
日本は植民地支配されていないと言う人いましたよ。
 
呆れますね。戦争に負けて
アメリカに植民地支配されているも同然ですよねぇ。
 
 
欧米が イスラム国からテロ受けて テロ撲滅と言いますが、
関係のない日本が参加することは 間違いと思います。
 
テロ撲滅に資金援助するなら 弱い者いじめの 
いじめっ子に加勢していることになりますよね。
 
日本は 断れないのは 植民地支配されているからですか?
どう思います?
 
 
日中韓は仲良くして 
欧米がら共同で守れば植民地支配されなかったと思いますが・・?
 
 
日本の雑誌などマスメディアは 反日 韓国が嫌い、
中国が嫌いと書き立ててます。 
 
書き立て 反日を煽るほうが売れるからだそうです。
 
お金儲けのために 煽っていますね。
これが怖いです。
 
マスメディアのお金儲けのために戦争が始まり・・
家族が殺されるは嫌ですよね。
 
 
今頃は 日本人の間でナショナリズムが強くなってきていると思えます。
 
少子高齢化で 高齢者を支える若者が損しているとの怒りが
ナショナリズムに 向かっているのではと見ています?
 
低賃金で労働環境の悪いブラック企業が蔓延しているから
不満が充満してるのですよね。
 
人手不足になれば、賃上げも有ると思っていたのが・・
 
低賃金の外国人労働者が増加してるから
例え、賃上げがあっても・・ 
 
賃金上るのは若い人だけ・・
 
年功序列型賃金制度が崩れ 終身雇がなくなり、
家族を養うには生活が苦しい。 
 
結婚もできない・・子どもも産めない 育てられない・・
 
こんな日本 戦争でメチャクチャに成れば良いと思うのでしょうかね。
 
こんな日本にしたのは、 低賃金労働者を増やして上前を跳ねて 
富裕層だけが得するように、
 
日本会議など宗教で世論操作しているのが安倍政権ですよね。
 
不満だから、中国や韓国・・?アメリカともでしたか?と戦争するよりも
 
安倍政権と戦争するべきと思うのですか・・
 
皆さんは どう思いますか?
 
 
 
韓国日帝は朝鮮でアヘンを作って外国に売り金を儲けた」〜釜山外大教授論文「開港期朝鮮のアヘン消費と拡散
 
 
 

 

Photographer Sophia Hsin Documents Child Laborers in Bangladesh

I will apply it.

Discover

Vancouver, Canada-based photographer Sophia Hsin recently traveled to Bangladesh with World Vision’s No Child for Sale campaign. Her goal: to document young laborers and raise awareness among Canadian consumers about how some products enter their food chain.


The photos from her trip do a brilliant job conveying the humanity of children forced into working at far too young an age, due to cultural norms and extenuating family circumstances.

Tanya works nights in a shrimp factory to support her disabled father and younger sister.

Ready for a custom domain, advanced design options, and other enhancements for your blog? There’s a WordPress.com plan that’s right for you.

Creatively, this trip really made me realize the beauty of photography and how it gives me the ability to document stories and be a voice for people that need to be heard. Along the way, I also realized that it was less about me…

元の投稿を表示 さらに118語

古市憲寿氏 墓石の必要性を疑問視「とっとと撤去しても」

Ganbag

古市憲寿氏
20日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、社会学者の古市憲寿氏が、お墓の必要性を疑問視した。番組では「視聴者が取り上げてほしいニュース」のコーナーで、視聴者から寄せられた「お墓の引っ越し」の話題をとりあげた。昨今では「お墓の引っ越し」が増えており、番組が厚生省の「衛生行政報告例」を基に作成した資料では、2014年~2015年の間で約8000件ほど増えているとのこと。地方出身の団塊世代が、管理が難しくなったため、近くに移動するケースが多いという。スタジオ 全文
トピックニュース08月21日 09時41分

cc_by-nd

from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/2iiM06T

元の投稿を表示

堀田善衞「方丈記私記」を読む・・・・戦中派の「方丈記」

Webcitizenの徒然草

正直に記すと、堀田善衞という作家については、せいぜい名前程度しか知らなかった。確か、岩波新書で「インドで考えたこと」とかいう作品のある人物だろうという程度の認識だった。
だから少しは読んだのかもしれないが、内容はほとんど記憶に無い。

調べてみると、大正七年生まれということだから、私の父母より少し上の世代にあたる。
いわゆる「戦中派」インテリで、叔父の述懐で言えば
「一番損をした世代。明治生まれが日本をむちゃくちゃにしたから。」
という、大正世代になるのだろう。十四年生まれの母も「私達の青春は戦争の犠牲よ」と、よく述べていた。

このたび、方丈記への関心から参考になるだろうと思って読んだ堀田善衛著「方丈記私記」には、なるほどこの世代ならではの時代感覚がよく表現されていた。

「・・・・戦時中に、私がはじめたわけでもない戦争によって殺されるかもしれぬことを思うとき、私は、それを思うとき、何度も何度もこれらの歌(鎌倉幕府三代将軍実朝の歌  筆者注)を思い出して口の端にのせたことを告白しなければならないであろう。歴史を捨象する以外に、私には法がなかったのだ。あの戦争をおっぱじめたものは、天皇とそのとりまきであることほどに明らかなことはないであろう。それを人民一般が支持したか否かは別の問題である。そうして、歴史を捨象するとは、自己自らを運命と見做すことであり、おのれ自体を、ニーチェの言う、AMOR FATI運命愛として愛するより他ないということであろう。それが、このAMOR FATIが戦時中においての自己救済の方法であった。おそらく、現在の若者たちからは、そういう自己救済は、汚らしい、と難ぜられるものであろう。しかし、そう言う若者たちもまた、我々の『日本』の業の深さを知りはしないものである。・・・・」(ちくま文庫「方丈記私記」1988年 232ページ)

ニーチェなどまったくわからない私の眼からは、そのニーチェなどを持ち出して自己を権威付け正当化するかのように見えるのが気に食わないが、「歴史を捨象する以外に、私には法がなかった」というのは本当だろうと思う。この世代にとっては「あの戦争をおっぱじめたものは、天皇とそのとりまきであることほどに明らかなことはない」のだが、一方で「人民一般が支持したか否かは別の問題である」として、若い世代からの突き上げを退けている。抽象的な物言いだが「人民一般」のなかには、自分を含んでいるのだろう。そうは直説しない回りくどさが私には気に障る。

これはたぶん、全共闘世代からの戦中派への戦争責任追求を意識しての防戦ではないだろうか。70年代当時は戦中派の彼らの多くが大学や高等学校の教師だった。軍部や天皇だけに責任を押し付けて涼しい顔をしていることは卑怯だ、インテリも含めお前たち人民一般も熱狂的に(侵略戦争を)支持したのではないか、という糾弾があった。全共闘世代の少し下に位置する私にも、この頃の議論の様子が思い出された。

確かに戦中派世代は気の毒だ。生まれ合わせた時代が日本史上最悪だったかもしれない。東京大空襲で「帝都」が眼の前で空前の灰燼に来した時、思わず「方丈記」を回顧し閉じこもる。それしか方法もなかったというのだろう。歴史を「捨象」するなどという難しい言いまわしも鬱陶しいが、要するに「逃避」とは書きたくない、という心理の現れだろうか。

堀田善衞は、凄惨な東京大空襲の当事者として「方丈記」を再読する。

方丈記に記された安元3年(西暦1177年)京都の大火と1945年3月の東京大空襲には768年の歴史の開きがある。まったく別の歴史事象だが、堀田善衛のなかでは、ひとつの世界に融合したのだろう。そうすることでもって、かろうじてこの不幸な時代を生き抜いたのだと思う。

「・・・・3月10日の東京大空襲から、同月24日の・・・・短い期間を、私はほとんど集中的に方丈記を読んですごしたものであった・・・・」(同70ページ)
「・・・・そうして、先にしるした安元三年の大火のとき長明は二十五歳であり、治承四年四月の大風と六月の福原遷都は長明二十八歳のときのことである。わたし自身もまた同じような年恰好であった。二十七歳であったのだ。・・・・この頃に硫黄島の軍が全滅していた。・・・・」(同74ページ)

「方丈記私記」は30年前の大空襲を回顧しているのだから1970年前後の作品なのだろう。作者は五十代後半になっていた。
この頃、同時代の好対照と見られていたからだろうが、ちょうど三島由紀夫と高橋和巳が総合雑誌「潮」で対談を発表した。私はまだ何も知らない高校生だったが、おおいに注目して読んだ。よくわかったわけではないが。

「天皇とそのとりまき」が勝手に起こした愚かな戦争・・・・その悲惨さを運命的に背負わされた堀田善衛は、一九四五年三月の東京で768年も前の「方丈記」を集中的に読み解く中で「我々の『日本』の業の深さ」に思い至ったというのだ。

元の投稿を表示