戦争は兵器産業や傭兵会社にとってビジネスチャンス ( 軍事 ) – 山 – Yahoo!ブログ

戦争で金儲けしようと考える企業は多そうだが、それを可能にする仕組みを守ることも戦争の目的 https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201801150001/ 兵器産業や傭兵会社にとって戦争はビジネスチャンスにほかならず、そうした企業に融資したり投資している金融機関にとっても同じことが言えるだろう。 国の機関では軍、情報機関、治安機関の権益が拡大する。 アメリカが戦争を続ける理由をここに求める人がいても不思議ではない。 しかし、戦場になった国では破壊と殺戮が繰り広げられて悲惨なことになる。 軍需産業が「死の商人」と呼ばれるのはそのためだ。 それに対し、そうした企業を儲けさせる、つまり戦費を負担する庶民は困窮、国は疲弊して衰退する。 アメリカが戦争を続けられるのは、世界が不換紙幣であるドルを基軸通貨として受け入れてきたからだ。

情報源: 戦争は兵器産業や傭兵会社にとってビジネスチャンス ( 軍事 ) – 山 – Yahoo!ブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください