米国最高裁は水移送に関するEPAの決定を支持

アメリカ ウオッチ Yuko's Blog

Related image

米国最高裁は今日、ある場所から別の場所に水を移送する場合の規定に関して、トランプ政権下の米国環境保護庁(EPA)の決定を支持する判定を下した。昨年6月頃からこの法的問題に関して多数の州で対立があり、EPAに対して法的に挑戦していた州及び環境保護団体を退ける結果になった。この紛争の経緯及び最高裁の決定は何を意味しているだろうか?

元の投稿を表示 さらに18語

広告

外国人労働者の受入れは日本人が失業するから反対  WEDGE Infinity(ウェッジ)

安倍晋三総理が、外国人労働者の受入れ拡大を検討すると報道されています 。「実習や留学名目で入国した外国人が労働力不足に喘ぐ企業を支えている」という実態を憂い、それなら正式に労働者としての受入枠を確保しよう、ということのようです。しかし、これは絶対に認めるべきではありません。経営者は助かるかも知れませんが、日本人労働者にとっては最悪ですから。

情報源: 外国人労働者の受入れは日本人が失業するから反対  WEDGE Infinity(ウェッジ)

東京新聞・本音のコラム 国策の責任

まともな国とは言えない日本の「ニュース」

 「被害者が被告にされています」。福島原発事故「自主避難者」の嘆きである。山形県米沢市の雇用促進住宅に避難していた被災者8世帯が、独立行政法人から立ち退きと家賃支払いを求める裁判に訴えられた。世の中まるであべこべだ。

 「自主避難」といえば勝手に福島から逃げ出したニュアンスがまとわりついている。しかし、避難指定区域に入らなかったとはいえ危険に変わりはない。とにかく縁故を頼って他県へ避難したのは、子どもに影響する被爆を恐れてのことだ。住み慣れた故郷を捨てて不案内な土地で暮らしたいと思う人はいない。

 仕事を失い、夫婦親子が離ればなれになり、他郷で不便な生活をするようになったのは、本人の責任ではない。原発事故のせいである。ところが事故から7年もたたないうちに住宅補償は打ち切られ、裁判に訴えられる人たちがでている。

 強制避難者も自主避難者もともに原発の被害者である。これから避難指示区域は狭められ「自主避難者」が増える。水俣病の「認定患者」のような人間の線引きが、ますます強められようとしている。

 被害者に冷たくして加害者の負担を減らそうとするのは人間を犠牲にして産業を発展させようとする政策である。原発避難者を最後のひとりまで援助する法律が必要だ。原発推進の国策が間違いだ。

鎌田慧(ルポライター外注します。私には物品販売を
したことがなく、売れ残ったら
どうしようという不安がありま
す。

元の投稿を表示

産経新聞:那覇支局長を出勤停止1カ月 米兵事故報道 – 毎日新聞

産経新聞は、昨年12月12日付朝刊に掲載した「日本人救った米兵 沖縄2紙は黙殺」と同月9日にインターネットサイト「産経ニュース」に配信した同内容の記事を削除し、おわびした問題で、両記事を執筆した高木桂一那覇支局長を出勤停止1カ月とする処分を公表した。

情報源: 産経新聞:那覇支局長を出勤停止1カ月 米兵事故報道 – 毎日新聞