全日本体操で55選手ボイコット…27年前も女子猛反発で塚原光男氏辞職 : スポーツ報知

日本体操協会を巡っては、1991年11月に開催された全日本選手権で女子選手が参加91人中、55人も出場をボイコットするという騒動も起きていた。

情報源: 全日本体操で55選手ボイコット…27年前も女子猛反発で塚原光男氏辞職 : スポーツ報知

広告

NHKスペシャル 小野文恵がたどる ”亡き祖父の戦場” フィリピンルソン島 20万人の戦死者の詳細を示す極秘資料がアメリカにあった

NHKスペシャルで小野文恵アナが祖父の“戦争加害”に向き合うレポート! ネトウヨ議員・和田政宗が早速圧力|LITERA/リテラ
 
「死んでも守っとけということですよ、死守というのは。
だから絶対に後方へ下がるわけにはいかないっていうんだから」
 
「軍の上層部とするとですね、(兵隊が)死ぬかなんとかってことは、
もう兵隊なんて消耗品と一緒ですからね」
(花岡四郎さん/95歳)
「飢えが一番ひどいですね。つらいのはね」「(日本兵の)死体から靴をとってさ、
 
いい靴なら自分が履くし、悪い靴ならあれ豚皮だから、
それを飯ごうでふやかしといて、
煮て食べるんですよね」
(河村俊朗さん/94歳)
 
「日本軍は戦場で非常に重要な兵器の補給が全くできない状況に陥っていました」
 
「日本兵が足の指で銃の引き金を引き、自殺する姿をこの目で見ました」
(エドガー・モアマンさん/99歳)
 
 本土決戦の時間稼ぎのために捨て駒とされ、敗走を重ねた日本兵。
負傷した兵士には自決命令がくだり、
 
自決できない者は銃剣で突き刺されたという。
 
番組は、アメリカで発見した米軍の極秘資料をもとに、
これまで日本側の記録では不明だった地域ごとの戦死者の数を地図に投射し、
 
CGで可視化するなど、Nスペらしい手法をとりながら、
証言と現地調査で戦争の筆舌に尽くしがたい残酷さを伝えていった。
 
 だが、本サイトとして特筆したいのは、
『祖父が見た戦場』が、単に激戦地で日本兵が置かれた
悲惨な状況だけを見せるドキュメンタリーではなく、
 
しっかりと、日本の加害事実についても掘り下げたことだ。
外交官の万華鏡ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。
戦後アメリカが日本に強いた精神的自殺──日米同盟破棄で魂は復活するのか | 河東哲夫 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

給料は払うから会社へは出てくるな。在宅勤務ではない。

仲間から外してくれ

「障害者」 はそれでも雇ってもらえる方が有り難いものですよ。
クッキーも焼ける内は幸せですがな。
【見てくれ】=外見のこと が悪い障害者は損をするようになっています。
なんでも。一緒に仕事をするのが気味が悪いそうです…………
表題のような事は 僕でさえ 三度は経験している。
ご存じの通り!?
僕の場合は上手に使いこなせれば、その辺の健常者よりは助成金が丸儲けになる分だけ儲かりましたよ。潰れた会社の方が多いけど…………
僕は好き好んで自営業になった訳では無いですよ。
それしか生きる道というか、採算が合う職業を選べなかったんですよ。
もちろん! 僕の採算です。
僕は他人の為に残業するなんてアホだと思っています。
部長や課長や係長と割り勘で飲むのも変ですよ。
社長????? 冗談は理性だけにしましょう!!!!!

ブルーレイの外付けに2テラの音の静かな HDD を付けるためにデータの転送をしていた。玄人志向の設計は面白い。むき出しの HDD は音は五月蠅いけど空気環流が確かだ。
当たり前か…………
スリムPC にしたけれど、母艦にするには本体以外のスペースがかなり必要だ。
なんだか残念な真似をしてしまった。
外付けはあくまでも 「外で別のマシンで使う」 か 「電源を抜き去りデータを保護」 するかのどっちかだ………常時接続は大きい筐体の中に全てを放り込んだ方がスペースが必要ない。この歳になって初めて気づいた。ははは。
小さい方へ気分が向いている。
USB 起動マシンを買うと思う。
でないと、32インチのテレビがもったいない。
下手に接続したり、ネットワークで繋ぐよりも早い気がする。
目が相当悪くなってきているから、たぶん、そうする。

ははははははははははははははははははははははは。

自分の為だけのマシンに他人に奉仕してきた技術を尽くす。

経過報告:
かなり自由に動き回れるようになったけれど、動いた後はやっぱり咳き込む。
肺のダメージは強烈だ。
まあ、安心したまえ!
癌になるとは限らない。宝くじより確立は高いけど。

元の投稿を表示

内部文書:ゾルゲ事件で新聞統制 旧司法省幹部手控え発見 – 毎日新聞

太平洋戦争前夜に発覚した、20世紀最大の国際スパイ事件「ゾルゲ事件」を巡り、当時の司法省などが報道を厳しく規制した「新聞記事掲載要領」や、関係各省と発表の文言・公開範囲を折衝していた内部文書が見つかった。ソ連のスパイ網が国家の中枢にまで伸びていたことが判明する中、各省が都合の悪い表現を削除し、また事件の重大性の矮小(わいしょう)化を図るなど、政府の思惑や、対メディア戦略が記されている。ゾルゲ事件の1次資料を集めた「現代史資料」(みすず書房)に未掲載のものも含まれる一級資料だ。

情報源: 内部文書:ゾルゲ事件で新聞統制 旧司法省幹部手控え発見 – 毎日新聞

転職しないと給料増えないよ

味方ゼロから始める異端児生活

kogoro(@kogorochanno)です。

給料絡みの話は以前もしてますね笑

今回もねごとです。

*合わせて読みたい

~導入~

日本は世界各国に比べて全然転職しないことで有名。

先進国の平均勤続年数2014

参照)http://blogs.itmedia.co.jp/pro-bank/2015/01/post_18.html

図を見てわかる通り、先進国の中でも相当勤続年数が長いです。

終身雇用年功序列が根強く残ってるため、そもそも転職にプラスのイメージを持っている人は少ないのではないでしょうか。

きっとみんななんとなく『転職っていうけど仕事見つからなかったら怖い』『そもそもいい会社に入れるのかわからない』『今いる仕事辞めたいけど動くのだるい』って思ってますよね。

知らない方に教えましょう。

・有効求人倍率は過去最高水準。人手不足だから完全に売り手市場。

・世の中的に、転職エージェントが一般的になっていて今よりいい仕事を見つけやすくなってる。“第二新卒”という言葉が一般的になっているほど(企業は人が足りない)なので『履歴書に傷がつく』だとか気にしなくていい時代になりつつある。

・転職しないと給料上がりませんよ?

特に3点目!

転職しないと給料上がりませんよ!!!

今回はこの辺のテーマで。

  ■目次
日本人の誤解①自分の給料はいつか誰かが勝手に上げてくれると思っている
日本人の誤解②終身雇用、安定・安心。うぇーい
日本人の誤解③転職すると今いる会社に迷惑がかかる

日本人の誤解①自分の給料はいつか誰かが勝手に上げてくれると思っている

→そんなわけありません。はっきり言います。幻想です。

日本人には世界的に見て交渉力が欠如してる傾向にあります。プロ野球の世界と同じように、もっと交渉するべきなのです。

経営者というのは、給料据え置きでなにも文句言わず働いてくれる従業員ならそのままにしたい生き物です。たとえ給料を上げてもらったとしても、本当はこの能力ならもっと上げられるけど、これくらいで大丈夫だよね!と余裕かまされてるかもしれません。(僕が経営者なら多分そうします、だれだってそうします)

つまり、何も言わない従業員はなめられています。

それを脱却するには“交渉力”が必要です。例えば、『給料上がらないなら辞めます』と言ってみるとか。

それで『はい、どうぞ辞めていいですよ』って言われるようならあなたの能力はその給料程度だったってことです。人手不足の昨今、本当に能力がある人間ならどこの会社も欲しいはずです。どこの会社も簡単には離さないはずです。

田端氏じゃないですけど、まじでブランド人になりましょう!

日本人の誤解②終身雇用、安定・安心うぇーい

→終身雇用の時代はとっくに終わっています。

正社員だからとりあえず安定とか言ってる完全に思考停止している人は、ニートより安定していないことを自覚した方がいいです。安定していると思いこんでいると、いざクビになった時、いざ会社が潰れた時、いざ自分が働けなくなった時、完全に頭真っしろしろすけになるに違いないです。正社員は切られないとか、会社は潰れないとか、それらも全部幻想ですから。何も考えてない正社員なら、何も考えてないニートの方が安定しています。

そもそもそんな考え方をしているから給料が上がらないです。転職市場にまだまだ流動性が少なく、市場の相場そのものがまだまだ低い状況。日本国民1人1人が、『お?俺転職しちゃうぞ?いいのか?』というスタンスを持って(時には実際に転職して)いかないと転職の給料相場も上がらないです。

海外に比べてヘッドハンティングもあまり身近ではありませんよね。

これも転職がそこまで一般的ではないからです。

1人1人が転職しまくって、転職を身近に。そしてヘッドハンティングで溢れる社会に。そして能ある鷹だけが重宝される時代を作りましょう!

日本人の誤解③転職すると今いる会社に迷惑がかかる

→うん。

バカかな?

あなたは本当にその会社のために生まれてきたのですか?その会社で一生死ぬまで働き続けたいのですか?

もしそう胸を張って言えるのならば、その会社にいていいと思います。むしろ転職する必要は全くありません。

ただ、『本当は辞めたいけど会社に迷惑がかかるから辞められない』って言ってる人は圧倒的養分脳か、単なる言い訳かの2択です。

この世には2種類の人間しかいません。

搾取する側搾取される側。

言い換えると、経営者と養分社員です。

社員でいることはもちろん立派なので全然否定はしないですが、“養分社員”にだけはならないように気をつけましょう。

もう一度だけ言います。

あなたは、その会社のために生まれてきたのですか?

あと最後に、

転職経験(回数が多かったり1社勤続年数が少なかったり)で出世や採用を不利にするとか、新卒にジョブローテーションで色々な(必要ない)仕事までさせるような古い考えのバカな経営者。

そういう奴が世の中にはびこってるから日本でイノベーションは生まれないし個性的な人材も少ない。結果、後進国になり下がってるんだぞ!

現場からは、以上でーす。

元の投稿を表示

日銀が家計の投信保有額を過大に計上していた。こどの世代においてもだいたい3割が貯蓄がない世帯なのです」

日銀が今年1~3月期の数値を調べたところ、家計の投信保有額を過大に計上していたことが明らかになった。

日銀が過去にさかのぼって数値を改定した結果、昨年末時点の家計の投信保有残高は、それまでの109兆1千億円から76兆4千億円へと約33兆円も下方修正された。

ゆうちょ銀行の保有分を家計分と間違えて集計していたというが、

ここまで大幅に改定されると統計の信頼性も疑われる。  とくに問題なのが最近の推移だ。改定前の統計では

家計の投信保有額は右肩上がりで着実に増えていた。だが、

改定された家計の保有額をみると2014年末にピークを付けた後、

実際にはに転じていたのだ。

家計再生コンサルタントの横山光昭氏はこう分析する。「基本的に貯蓄額は年齢が上がるにつれて増えていますが、注目すべきは貯金ゼロ世帯の割合です。30代、40代ともに33.7%と3世帯に1世帯が貯蓄なしで、どの世代においてもだいたい3割が貯蓄がない世帯なのです」
日本国は金持ち 国民は貧乏 貯蓄率2000年以降は先進国最下位 海外資産世界一