CIAが日本政治に介入・世論操作・解説書「基地と政治」「日本へ秘密工作を米政府認めた」と共同通信 – NAVER まとめ

CIAが左派野党(日本社会党)から穏健派(民社党)を分裂させるため、1960年から64年まで資金提供を行ったこと。3.日本社会から極左勢力の影響を排除するため、ジョンソン政権の全期間を通じて、「より幅の広い秘密のプロパガンダと社会活動」に対し、資金提供を行ったこと、である。しかし、残る1件が公表されていない。この残る1件が岸信介氏とCIAとの関わりであると考えられている。

情報源: CIAが日本政治に介入・世論操作・解説書「基地と政治」「日本へ秘密工作を米政府認めた」と共同通信 – NAVER まとめ

カルロス・ゴーン「受領してない報酬は記載不要で無罪?」私物購入指摘も拒否 他 – NAVER まとめ

ゴーン氏が日産から「実際に受領した報酬」ではなく、退任後に別の名目で支払うことを「約束した金額」だというのだ。 今回の事件で、朝日新聞は、ゴーン氏が専用ジェット機で羽田空港に帰国するのを待ち構えて特捜部が逮捕した時点から「同行取材」し、直後に「ゴーン会長逮捕へ」と速報するなど、独走状態だった。上記の「約束した金額」だというのは、まさに「従軍記者」に近い朝日が報じている容疑事実の内容であり、しかも、読売新聞も一面で同様な内容を報じているのであるから、おそらく間違いないのだろう

情報源: カルロス・ゴーン「受領してない報酬は記載不要で無罪?」私物購入指摘も拒否 他 – NAVER まとめ

カルロス・ゴーンが指示、側近の2人の幹部が実行役 仏政府がルノー会長の留任を決めた。 – NAVER まとめ

自らの報酬を有価証券報告書に少なく記載するよう指示したとされる文書が存在していることが分かりました。 カルロス・ゴーン容疑者は有価証券報告書に自らの報酬をおよそ50億円少なく記載したとして、代表取締役だったグレゴリー・ケリー容疑者(62)とともに逮捕されました。 一連の不正行為はケリー容疑者が指示し、ゴーン容疑者側近の2人の幹部が実行役となった疑いがあることが分かっていますが、その後の関係者への取材で、ゴーン容疑者がケリー容疑者に対し、報酬を少なく記載するよう指示したとされる文書が存在していることが分かりました。この文書には有価証券報告書に記載する報酬の金額と、記載しない金額が具体的に示されていたということです。

情報源: カルロス・ゴーンが指示、側近の2人の幹部が実行役 仏政府がルノー会長の留任を決めた。 – NAVER まとめ