福島沖の魚 基準超えセシウムを検出 – 毎日新聞

国の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える161ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。国に報告し、安全が確認できるまでコモンカスベの出荷を全面的に自粛する。福島沖で取れた魚が基準値を超えたのは、2015年3月以来約4年ぶり。 12年6月に始まった福島沖の試験操業では、水揚げした魚種ごとに1検体を抽出し、出荷前の自主検査で安全確認を続けてきた。国の基準値を超える放射性物質は14年2月のユメカサゴ以降は検出されていなかった。 県のモニタリング検査でも15年3月にイシガレイが超えたのを最後に、3万検体以上連続で国の基準値を下回っていた。

情報源: 福島沖の魚 基準超えセシウムを検出 – 毎日新聞

広告

実質賃金伸び率 2018年は大半でマイナス」厚労省が認める・売れないのに値上げ 非正規増 – NAVER まとめ

厚労省の毎月勤労統計の統計不正を巡り、1月30日に行われた野党合同ヒアリングで、厚労省は2018年の1~11月の実質賃金の伸び率が大半でマイナスになるとの野党の試算について「同じような数字が出る」と認めました。立憲民主党ら野党は実質賃金の伸び率の参考値を試算。その結果、実質賃金伸び率がプラスになったのは2018年1~11月のうち6月(0.6%)のみで、実質賃金伸び率がマイナス1%を超える月が複数あることが明らかに。空前の好景気とは

情報源: 実質賃金伸び率 2018年は大半でマイナス」厚労省が認める・売れないのに値上げ 非正規増 – NAVER まとめ

ウーマン村本、 旺盛な好奇心と行動力、貴重な存在・ウーマンラッシュアワー(村本大輔)  情報集め – NAVER まとめ

米軍基地問題について現地でハンストを行なっている若者に会いに沖縄に行ったり、日韓関係について現地に住む日本人や韓国人に意見を聞くために韓国に行ったことをネットで報告するなど、旺盛な好奇心と行動力の持ち主であることは間違いない。しかし、先をあまり読むことをせず、行動に移すことがネット炎上につながりやすいようだ。村本がこうしたスタンスであるうちは、しばらくこうしたトラブルが続きそうだが、そこから何かが見えてきそうな期待感も提供してくれる存在は、今のお笑い界では貴重ではないだろうか。

情報源: ウーマン村本、 旺盛な好奇心と行動力、貴重な存在・ウーマンラッシュアワー(村本大輔)  情報集め – NAVER まとめ

たかの友梨がブラック!?パワハラと不当労働行為問題 | 労働問題|弁護士による労働問題Online

ニュースでたかの友梨ビューティークリニック(運営会社不二ビューティー)がブラック企業大賞にノミネートされたという記事を見ました。ニュースによれば、事の発端は、たかの友梨仙台店において、労働環境に問題があったというものです。すなわち、同店の女性従業員が加入するブラック企業対策ユニオンは、同店では、下記の労働問題があったと主張しています。① 1カ月あたり平均80時間に及ぶ残業② 休憩が取れず、昼食やトイレにも行けないことも③ 定休日どおりに休めず、休日出勤への手当もない④ 「誰も取っていない」などと説明され、有給休暇を取得できない⑤ 残業代の未払い⑥ 産休取得の妨害⑦ 商品が売り上げ目標に届かないと、カードローンなどで自腹購入させられる⑧ 研修費など会社が負担すべき経費が、給与から天引きされる⑨ 配置転換をしない約束を無視するなどの不当な異動命令⑩ 労使協定書の従業員側の署名・押印を、従業員本人に無断で作成

情報源: たかの友梨がブラック!?パワハラと不当労働行為問題 | 労働問題|弁護士による労働問題Online

deepthroatさんのツイート: “AFP◆米メディア200社、報道の自由訴えるキャンペーン トランプ氏に対抗 https://t.co/0SHt2js7r6 「ボストン・グローブ紙は、報道各社の編集・論説の責任者らに対し「言論の自由に対する汚い戦争」を糾弾する社説を発表するよう呼び掛けていた」”

村本大輔(ウーマンラッシュアワー)さんのツイート: “韓国を批判的に語る日本人はクソだし韓国を批判的に語る日本人はクソだ”

生分解プラスチック「微生物の働きにより2ヶ月ほどで生分解される」自然は生分解性と同じではない – NAVER まとめ

スラエルの科学者たちが有害な作用のないプラスチックを製造する方法を見出した。この画期的な発見のキーは、藻類の消化により天然のバイオポリマーを生産するという単細胞微生物(古細菌)の独自の性質にある。単細胞微生物の性質を利用して生分解プラスチックを作るというアイデアは、新しいものではなく、多くの企業がすでに植物や高分子産生細菌から生分解性材料を製造するビジネスを行っている。しかし、それらの大部分にはひとつの共通点がある。それは、この方法は、非常に多くの淡水、あるいは、多くの土地を必要とするのだ。ところが、今回のイスラエルの研究者たちによって用いられた微生物はこれに当てはまらないのだ。

情報源: 生分解プラスチック「微生物の働きにより2ヶ月ほどで生分解される」自然は生分解性と同じではない – NAVER まとめ