実質賃金伸び率 2018年は大半でマイナス」厚労省が認める・売れないのに値上げ 非正規増 – NAVER まとめ

厚労省の毎月勤労統計の統計不正を巡り、1月30日に行われた野党合同ヒアリングで、厚労省は2018年の1~11月の実質賃金の伸び率が大半でマイナスになるとの野党の試算について「同じような数字が出る」と認めました。立憲民主党ら野党は実質賃金の伸び率の参考値を試算。その結果、実質賃金伸び率がプラスになったのは2018年1~11月のうち6月(0.6%)のみで、実質賃金伸び率がマイナス1%を超える月が複数あることが明らかに。空前の好景気とは

情報源: 実質賃金伸び率 2018年は大半でマイナス」厚労省が認める・売れないのに値上げ 非正規増 – NAVER まとめ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください