南関町消防出初め式、手押しポンプで豪快に水を掛けあい、&竿灯標的落とし 他 – NAVER まとめ

熊本県南関町の消防出初め式が12日あり、旧南関高前の関川河畔で伝統の放水合戦を繰り広げた。寒空の下、江戸腹姿の男たちが次々と川に飛び込み、手押しポンプで豪快に水を掛けあい、観客を沸かせた。

情報源: 南関町消防出初め式、手押しポンプで豪快に水を掛けあい、&竿灯標的落とし 他 – NAVER まとめ

広告

『なぜ「自由」は不自由なのか 現代のリベラリズム講義』の感想、レビュー(量子的跳躍者さんの書評)【本が好き!】

ネットに限ったことではないが、共感できない意見や考えを、一切受け入れず、一方的に排除し、同じような意見の人たちで固まっているのを、インターネットの世界ではよく見かける。これらの閉鎖化してしまったグループが、ネット世界には無数に散らばっており、相互に不干渉、もしくは誹謗中傷を繰り返す。一団となったこれらの人々は、流動的で、不安定な状態にあり、段階的に押し流されてしまうよう動きまわる。これをサイバーカスケードという。共感共同体は、不特定多数の様々な志向/嗜好を持った人たちが、小さなコストで結びつくことが可能であり、それがネットの優れた特徴であると思うのだが、共感できないものをひたすらに排除してしまうのを見ると、インターネットってのは、いったいなんだったのだろうと思う。

情報源: 『なぜ「自由」は不自由なのか 現代のリベラリズム講義』の感想、レビュー(量子的跳躍者さんの書評)【本が好き!】

住民の400倍も観光客が来る場所とは?迷惑行為は外国人だけじゃない- 記事詳細|Infoseekニュース

今、世界的にホットイシューになっているのが「観光公害」だ。観光客の急増により、地域にさまざまな弊害をもたらすことを指し、「オーバーツーリズム」ともいわれる。押し寄せる観光客により渋滞や騒音、事故の増加、ゴミ問題、プライバシー侵害、景観・環境破壊などが深刻化し、地域住民を苦しめるというものだ。◆人口の400倍の観光客が来る軽井沢 欧州ではイタリアのベネチアやスペイン・バルセロナで観光公害が指摘され、住民による観光産業へのデモへと発展している。一方、我が国も他人事ではいられない。訪日外国人が近年急増し、政府は’20年に4000万人の誘致を目標としている。こうしたなか、すでにメディアでも外国人観光客の大量流入による地域の秩序崩壊について報じられ、広く知られるようになってきた。

情報源: 住民の400倍も観光客が来る場所とは?迷惑行為は外国人だけじゃない- 記事詳細|Infoseekニュース

第91回アカデミー賞の写真豊富に記載、世界最高峰の映画の祭典、『ボヘミアン・ラプソディ』が4部門受賞 – NAVER まとめ

第91回アカデミー賞の写真豊富に記載、世界最高峰の映画の祭典、『ボヘミアン・ラプソディ』が4部門受賞のまとめ

情報源: 第91回アカデミー賞の写真豊富に記載、世界最高峰の映画の祭典、『ボヘミアン・ラプソディ』が4部門受賞 – NAVER まとめ

藤原かずえさんのツイート: “特定の側に立ったプロパガンダを投票日の前日に有権者に呼びかける番組を日本国民はいつまで許容するのでしょうか。これでは民主主義どころかメディア第一主義です。『報道特集』は今回も「反対する英雄とそれを抑圧する悪魔の構図」を造り、有権者のルサンチマンをフルスロットルで刺激しています… https://t.co/rjSjJbNhlY”

https://twitter.com/kazue_fgeewara/status/1099261430686089221/video/1

南関町議会議長が交付金を不正流用|NNNニュース

南関町の町議会議長が農地整備の団体への交付金を不正流用。議長は「私的流用ではなかった」と話している。酒見喬議長は農地の草刈りや農道の整備などを行う団体の代表で、2014年度からの5年間にわたって、活動した人への日当の一部約300万円を他の…

情報源: 南関町議会議長が交付金を不正流用|NNNニュース

厚労省の統計不正問題で考える、私たちは何のために、誰のために働くのか? – 田原総一朗公式サイト

本来、官僚は「国民の利益」を第一に考えているべきだ。だが官僚たちを見ていると、「組織防衛」しか頭にないのでは、と思わずにはいられない。「森友」「加計」問題で、財務省が書類を改ざんした件でも、同じように感じたことだ。官僚も政治家も、自分が本来、何をすべきなのかということではなく、目の前の利益や自分の損得に走っているのだ。そんな人間だらけになれば、どんな組織でも必ずダメになって当然だ。さかのぼれば、日本の軍部もそうだった。カネボウや東芝の粉飾決算、自動車メーカーの検査不正など、民間企業でも同じだった。そもそもなぜ長い間、不正が表に出ないのか。不正の事実を知っていても、内部の人間は左遷や解雇、パワハラなどを恐れ、明るみに出せなかったのだろう。きついことを言えば、「組織防衛」でさえもなく、要は「自分」を守りたいのだ。そして、いまの自民党も同じだ。自分の信念や主義よりも、安倍首相のイエスマンになることが大事なのだろう。反対すれば、選挙応援どころか、党の公認ももらえないかもしれないからだ。

情報源: 厚労省の統計不正問題で考える、私たちは何のために、誰のために働くのか? – 田原総一朗公式サイト