「1人で死ね」ではなく~川崎19人殺傷事件で当事者でない1人として言えることできること(江川紹子) – 個人 – Yahoo!ニュース

「自分に存在価値を見いだせないでいる人が、その原因を外(社会)に求めて、復讐として通り魔事件を起こし、自殺を図るなどして人生を終わらせようとする」「秋葉原事件では、彼は自分は生きていてもしょうがないという考えに苛まれながら生きてきた。最終的に、(勤務先の)ロッカーに自分の服がないということで、『自分は必要とされていない』と思ったことがトリガーになった」 今、自分に存在価値を見いだせずに悶々としている人たちが、ネットにあふれる「1人で勝手に死ね」のメッセージを見た時に、それがトリガーになって、自殺したり、その際人を巻き添えにしたりする人が出ることを長谷川さんは心配する。「死にたいと思う人を止める役割の者からすると、そういう言葉は、死にたい人に『死ね』と言っているに等しい。言っている人たちは、他者を巻き込んだという部分だけを見ていて、事件全体を俯瞰的に見ていないのだと思う。自殺を考える人をどのように減らしていくかを考えるのが事件の本質。本質を見て欲しい。社会全体が考えていくべき問題と思います」

情報源: 「1人で死ね」ではなく~川崎19人殺傷事件で当事者でない1人として言えることできること(江川紹子) – 個人 – Yahoo!ニュース

広告

「天皇を重視しない思想集団」創価学会 自公政権の保守に公然と脱しはじめ。会長の権限 他 – NAVER まとめ

「天皇を重視しない思想集団」創価学会の凋落が激しい。一部の会員は自公政権の保守的な政策に抗すると言って、本部の統制から公然と脱しはじめた。逆に、脱会していわゆるネット右翼組織に走る若手の存在も噂されている。事実として、公明党は選挙に弱くなりつつある。彼らの思想の軸がブレつつあるのだ。再び「時代は、大きく転換」し、創価学会は戦後のあだ花と化そうとしているのか。それともその「転換」を前に再び新たなカリスマを生み、新しい「大行進」へと進んでいけるのか……

情報源: 「天皇を重視しない思想集団」創価学会 自公政権の保守に公然と脱しはじめ。会長の権限 他 – NAVER まとめ

幸福な国ランキング2019 日本は過去7年間で最下位の58位、収入格差が大きいほど不幸 – NAVER まとめ

今年度もフィンランドが1位でした。CNNのレポートではこの理由を「フィンランド人だけでなく、フィンランドに移住した移民も幸福度が世界一高い。すなわち生活の質が良い」と解説。フィンランドは税金が高いそうですが、国民は政府を信用しており社会の自由度も高く、人々が助け合って生きていることも、国民が幸せを感じている理由だそうですよ。

情報源: 幸福な国ランキング2019 日本は過去7年間で最下位の58位、収入格差が大きいほど不幸 – NAVER まとめ

「8050問題」80代の親と 50代の子の世帯の「老老」でも「独居」でもない深い孤立 – NAVER まとめ

50代の子の世帯の困難という意味で8050(はちまるごーまる)問題と呼ばれるのだそうです。要は、中高年のひきこもりが今多いということです。「高齢者と未婚の子」の世帯が増加しているということで結婚できず、親元から離れられず、同居を余儀なくされている中高年の息子・娘さん多い現状、さらに長期のひきこもりとなると親の心労も絶えず、親子そろって共倒れということにもなりかねません。

情報源: 「8050問題」80代の親と 50代の子の世帯の「老老」でも「独居」でもない深い孤立 – NAVER まとめ

「アジア主要国では韓国大統領より日本の外相のほうが格上は常識」? 勝手な嫌韓プロパガンダに他国の名を使うな(HARBOR BUSINESS Online) – Yahoo!ニュース

勝手な「嫌韓」にタイを巻き込むな 少なくとも、タイ政府が外国からの客に対して無礼なことはしない。先のように、タイ人はカンボジア人をやや下に見ているような印象があるものの、カンボジアの要人がタイに来れば、タイ政府はそれ相当の接客をする。国ごとに対応を分けるといったことはしない。 実際に過去の画像で見ても、たとえば2018年7月に韓国のカン・ギョンファ外交部長官の訪問と、同月の佐渡島タイ駐箚全権特命大使の訪問を比較すると、プラユット・タイ首相は同じ軍服姿であるものの、決して韓国を下に扱っているようには見えない。

情報源: 「アジア主要国では韓国大統領より日本の外相のほうが格上は常識」? 勝手な嫌韓プロパガンダに他国の名を使うな(HARBOR BUSINESS Online) – Yahoo!ニュース

いだてん:第20回「恋の片道切符」 弥彦も激励に駆けつけた! 四三、オリンピックで再び激走? 結果は… – 毎日新聞

宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第20回「恋の片道切符」が26日に放送される(NHK総合で日曜午後8時ほか)。1920(大正9)年、四三(中村勘九郎さん)は十種競技に挑む野口(永山絢斗さん)ら15人の選手たちとオリンピックが開催されるアントワープへ旅立つ。現地には、欧州で銀行家として働く三島弥彦(生田斗真さん)が激励に駆けつけ、四三と弥彦はたった二人だったストックホルム大会からの日本の成長を実感する……。

情報源: いだてん:第20回「恋の片道切符」 弥彦も激励に駆けつけた! 四三、オリンピックで再び激走? 結果は… – 毎日新聞