「1人で死ね」ではなく~川崎19人殺傷事件で当事者でない1人として言えることできること(江川紹子) – 個人 – Yahoo!ニュース

「自分に存在価値を見いだせないでいる人が、その原因を外(社会)に求めて、復讐として通り魔事件を起こし、自殺を図るなどして人生を終わらせようとする」「秋葉原事件では、彼は自分は生きていてもしょうがないという考えに苛まれながら生きてきた。最終的に、(勤務先の)ロッカーに自分の服がないということで、『自分は必要とされていない』と思ったことがトリガーになった」 今、自分に存在価値を見いだせずに悶々としている人たちが、ネットにあふれる「1人で勝手に死ね」のメッセージを見た時に、それがトリガーになって、自殺したり、その際人を巻き添えにしたりする人が出ることを長谷川さんは心配する。「死にたいと思う人を止める役割の者からすると、そういう言葉は、死にたい人に『死ね』と言っているに等しい。言っている人たちは、他者を巻き込んだという部分だけを見ていて、事件全体を俯瞰的に見ていないのだと思う。自殺を考える人をどのように減らしていくかを考えるのが事件の本質。本質を見て欲しい。社会全体が考えていくべき問題と思います」

情報源: 「1人で死ね」ではなく~川崎19人殺傷事件で当事者でない1人として言えることできること(江川紹子) – 個人 – Yahoo!ニュース

「天皇を重視しない思想集団」創価学会 自公政権の保守に公然と脱しはじめ。会長の権限 他 – NAVER まとめ

「天皇を重視しない思想集団」創価学会の凋落が激しい。一部の会員は自公政権の保守的な政策に抗すると言って、本部の統制から公然と脱しはじめた。逆に、脱会していわゆるネット右翼組織に走る若手の存在も噂されている。事実として、公明党は選挙に弱くなりつつある。彼らの思想の軸がブレつつあるのだ。再び「時代は、大きく転換」し、創価学会は戦後のあだ花と化そうとしているのか。それともその「転換」を前に再び新たなカリスマを生み、新しい「大行進」へと進んでいけるのか……

情報源: 「天皇を重視しない思想集団」創価学会 自公政権の保守に公然と脱しはじめ。会長の権限 他 – NAVER まとめ

幸福な国ランキング2019 日本は過去7年間で最下位の58位、収入格差が大きいほど不幸 – NAVER まとめ

今年度もフィンランドが1位でした。CNNのレポートではこの理由を「フィンランド人だけでなく、フィンランドに移住した移民も幸福度が世界一高い。すなわち生活の質が良い」と解説。フィンランドは税金が高いそうですが、国民は政府を信用しており社会の自由度も高く、人々が助け合って生きていることも、国民が幸せを感じている理由だそうですよ。

情報源: 幸福な国ランキング2019 日本は過去7年間で最下位の58位、収入格差が大きいほど不幸 – NAVER まとめ