認知症は、高血圧の変動で圧変動で脳血管が傷つき・若い血液の輸血で認知機能が向上 認知症情報保管 – NAVER まとめ

血圧変動で脳血管が傷つき循環障害が認知症を招くさらに追い打ちをかけるような、血圧の変動が現れます。特に高齢になると、血圧の変動が顕著になります。ご存知の白衣高血圧も一例です。その他にも、食事中の血圧低下もあれば、坐ったままでの立ちくらみ(低血圧発作)で意識を失うこともあります。急に振り返っても同様の変化が現れるでしょう。逆に血圧の急上昇もある。ちょっとした興奮でも血圧はウナギのぼり。相撲やサッカー、高校野球のテレビ中継の観戦で、「それゆけッ」と応援しただけでも血圧急上昇。こうした急激な血圧変動は、血管を直撃します。

情報源: 認知症は、高血圧の変動で圧変動で脳血管が傷つき・若い血液の輸血で認知機能が向上 認知症情報保管 – NAVER まとめ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中