日本と同じだ!困窮家庭の子どもを洗脳し里親に売る、町長や福祉関係者ら18人逮捕 イタリア « 国際児童虐待禁止ネットワーク

日本

情報源: 日本と同じだ!困窮家庭の子どもを洗脳し里親に売る、町長や福祉関係者ら18人逮捕 イタリア « 国際児童虐待禁止ネットワーク

企業の代弁者は国会にたくさんいるのに障碍者の代弁者はなぜいないのか?

山本太郎の鋭い突っ込みに記者たちが沈黙した! ( その他政界と政治活動 ) – 脱脂粉乳世代 – Yahoo!ブログ

「企業の代弁者は国会にたくさんいるのに障碍者の代弁者はなぜいないのか?」との太郎の問いかけに、居合わせた記者たちは全員が沈黙した。  自民党は政治献金を受けている経団連の代弁者だ山本太郎は国会で安倍政権を常に批判している。 https://t.co/GchFWkj6SL ”現在は首から上と右腕が少ししか動かない状態。文字も以前は書けていたが、今は書くことができない。木村氏は「重度障害者が地域で生きるには、命すら保証されないほど深刻な状況に置かれている」と話し「年々悪くなっていく」という障害者対策の整備を訴えた」”

宗教消滅 欧州では教会に行くは過去のも 科学が進み、物が豊かで便利になれば、要らない。宗教はアヘン – NAVER まとめ

毎週日曜日には教会に足を運び、熱心にミサに与っている」と考えてきた。今でもそう考える人は少なくないだろう。 しかしそれは、ヨーロッパでは完全に過去のことになりつつある。各種の統計資料からも、明らかである。 今から60年近く前の1958年には、フランス人のなかで、日曜日にミサに与っていたのは35パーセントに及んでいた。3分の1以上が、日曜日のたびに教会に出かけていたわけだ。 ところが、2004年には、それがわずか5パーセントにまで低下した。ある調査では、2011年に毎週一度は教会に通っているフランス人は、0.9パーセントしかいないという結果も出ている。 ただし、教会にいかなくなったものの、フランス人の63パーセントが、自分はキリスト教の教会に属していると答えている。

情報源: 宗教消滅 欧州では教会に行くは過去のも 科学が進み、物が豊かで便利になれば、要らない。宗教はアヘン – NAVER まとめ

Kazuto Suzukiさんのツイート: “イランが核合意を破ったらどうなるか、という解説をするNYTの記事だが、イランが違反をすることよりも、アメリカが一方的に離脱し、安保理決議に違反したことをしていることの方が国際法規範上の問題だと思うんだけどな…。 https://t.co/gYnlNDJjh0”

ファン・ビンビン (范 冰冰)中国美人 現代の楊貴妃 写真動画 – NAVER まとめ

中国の美女 ファン・ビンビン(Fan Bingbing 范 冰冰)

情報源: ファン・ビンビン (范 冰冰)中国美人 現代の楊貴妃 写真動画 – NAVER まとめ

雅子皇后 即位の儀から、突然「衣装映え」ファッションは、“国民の誇り”他 女性皇族 – NAVER まとめ

即位の儀から、突然その「衣装映え」が戻ってきたのである。体調はまだ回復されたわけではないと言われるが、そういう意味ではこれまでにないレベルの回復が見られたことを確信した。それこそ“誰か”より目立ってはいけないという足かせも完全になくなり、長いブランクを経て、名実ともに心置きなく“持ち前のセンス”を生かせるようになったのではないか?ロイヤル・ファッションは、単に“皇室の人々の装い”に留まらない。ある意味“国民の誇り”となり、理屈を超えた国家的エネルギーになるもの。ファッションの意味を超え、服の役割を超えて、人々を動かし活力を与える不思議なパワーを宿すのだ。

情報源: 雅子皇后 即位の儀から、突然「衣装映え」ファッションは、“国民の誇り”他 女性皇族 – NAVER まとめ

米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」・・・「資産を海外に移して隠す」富裕層もいるにしても、日本と違い、増税を

米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」・・・「資産を海外に移して隠す」富裕層もいるにしても、日本と違い、増税を希望する富裕層も多数いるのは、この嘆願書で明らかだ! – 脱脂粉乳世代 – Yahoo!ブログ

<ジョージ・ソロスからウォルト・ディズニーの子孫までアメリカのメガ富裕層18人が、金持ちから税金をもっと取って格差是正に使って下さいと大統領候補に嘆願。潮目は変わるか?> アメリカのスーパーリッチ18人が、最も裕福な1%の人間に対して「愛国的」富裕税を課すよう求めて署名した公開書簡が、インターネットで公開された。富裕層に「適度な」税金を課せば「アメリカの自由と民主主義」が強化できると書かれている。6月24日、ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。   署名したのは、11の資産家一族を代表する個人18名。投資家で慈善家のジョージ・ソロス、アビゲイル・ディズニー(ウォルト・ディズニーの兄ロイ・オリバーの孫)、フェイスブック共同創業者クリス・ヒューズのほか、ハイアットホテルズ創業一家の相続者で、社会的課題を解決する「インパクト投資」を行うブルー・ヘイブン・イニシアチブ共同創業者のリーセル・プリツカー・シモンズと、その夫の資産家イアン・シモンズといった名前が並ぶ。   「富裕層にもっと多くの税金を課す『道徳的・倫理的・経済的』責任をアメリカは負っている。富裕税による税収は、気候変動との戦いや、経済成長や、よりよい医療、そして機会と強さと民主的自由を強化するために使える。富裕税の創設は、私たちの社会の利益にかなう」   資産家たちは書簡の冒頭で、「アメリカの0.1%の富裕層に課税」することを支持する、と宣言。自分たちも含まれている、と述べた。書簡は2020年アメリカ大統領選挙の立候補者全員に宛てられているが、民主党の候補者に名乗りを上げたマサチューセッツ州選出の上院議員エリザベス・ウォーレンが提案する富裕税に具体的に触れている。