見世物小屋に売られ標本にされた黒人女性に見る「知の特権」(NEWS ポストセブン) – Yahoo!ニュース

奴隷解放宣言の前とはいえ、黒人女性を生体実験に使っていた。十七歳の黒人少女には三十回もの手術が行なわれ、しかも麻酔は使用されなかった。 シムズが医学の進歩に寄与したのは事実だが、批判も当然だし銅像撤去もまた当然だろう。 記事には、十九世紀の白人による黒人への甚しい偏見も紹介されている。それは、黒人が白人に較べて能力が劣るといったものではなく、黒人は皮膚が厚く痛みに強いといった、むしろ“誤った長所”とも呼ぶべき偏見である。これが麻酔を使わない人体実験の背後にあった。しかも、この偏見は現代も残存し、白人の医学生たちへの調査では半数以上が黒人は痛みに強いと信じている、という。 アメリカの黒人女性作家バーバラ・チェイス=リボウは、第三代大統領T・ジェファーソンが黒人奴隷を妾にしていた事実をテーマにした歴史小説『サリー・ヘミングス』で世界的に知られる。 この本の重要な点は「嫌悪という差別」ではなく「性的魅力という差別」を描いたことである。これもまた偏見による“誤った長所”だ。日本に滞在するアフリカ人男子留学生がしばしば不快感を口にするのは、日本人女性から好色な目で見られることである。

情報源: 見世物小屋に売られ標本にされた黒人女性に見る「知の特権」(NEWS ポストセブン) – Yahoo!ニュース

自然治癒力 健康食品ランキング 寝る前に食べると良いもの 蜂蜜 「アンチエイジング」 – NAVER まとめ

食べるべき最強食品ランキング】第1位 納豆第2位 ヨーグルト第3位 いわし第4位 豚肉第5位 にんにく第6位 キャベツ第6位 トマト第8位 さば第9位 卵第9位 鶏肉

情報源: 自然治癒力 健康食品ランキング 寝る前に食べると良いもの 蜂蜜 「アンチエイジング」 – NAVER まとめ

中国のヤクザ・黒社会 日本の右翼と似た愛国を標榜 民衆を蹴散らす。入れ墨で角刈り、金のネックレス – NAVER まとめ

天安社は日本の右翼と似たような存在で、中国の左翼というべき“愛党愛国”を標榜する暴力団組織なのである。 中国特色社会主義の旗印を掲げる中国には、暴力団など存在しないと考える人がいるかもしれないが、中国でも為政者と命知らずの成らず者には持ちつ持たれつの関係が存在し、中国政府は天安社のような暴力団組織の存在を黙認しているのである。 それはともかくとして、昆山市公安局は9月1日付の“警方通報(警察通達)”で、於海明の正当防衛を認める旨を公表したが、その見解は以下の通り。

情報源: 中国のヤクザ・黒社会 日本の右翼と似た愛国を標榜 民衆を蹴散らす。入れ墨で角刈り、金のネックレス – NAVER まとめ