未婚者の希望が高い過ぎ「500万~600万円」欲しい?既婚者は低所得の「300万~400万円」 – NAVER まとめ

未婚者と既婚者で、それぞれがいったいいくらくらいを「お金が足りない」状態だと思っているのか、データで比較したいと思います。「結婚生活に最低限必要な世帯年収」について20~40代の男女に質問した意識調査の回答結果を使います【図表2】。この図表は、同一テーマについての調査の継続性や調査の母数規模から、信頼性が高いと思われる民間研究所の調査結果(回答者数3595人)になります。まずは既婚者の回答ですが、約4人に1人、24%が最低必要世帯年収を「400万~500万円」と回答しています。一方の未婚者も、「400万~500万円」が最も多い回答で、割合も既婚者とあまり変わりません。

情報源: 未婚者の希望が高い過ぎ「500万~600万円」欲しい?既婚者は低所得の「300万~400万円」 – NAVER まとめ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中