神戸山口組に寝返ったとか、幹部5人中4人が標的か、全面戦争に突入か、山口組若頭出所が影響か、 他 – NAVER まとめ

朝比奈容疑者は「別の神戸山口組組員を撃つために京都に向かった」と供述している。6代目山口組ナンバー2の高山清司若頭の出所から1カ月以上が経過。ついに血で血を洗う全面戦争に突入か。

情報源: 神戸山口組に寝返ったとか、幹部5人中4人が標的か、全面戦争に突入か、山口組若頭出所が影響か、 他 – NAVER まとめ

取り残されたメンタルヘルス後進国・日本 – wezzy|ウェジー

精神疾患の薬物療法が存在しなかった時期には、不穏で暴力的な患者に対して「閉じ込めておく」こと以外の対策がなかったかもしれない。しかし、抗精神病薬であるクロルプロマジンが1952年に発見され、精神疾患の薬物療法が現実の選択肢となって以後、隔離収容の必要性は激減したはずである。事実として、米国では1950年代から「脱施設化」の動きが活発になり、精神科入院患者が減少しはじめた。また1960年代には、イタリアが精神障害者の隔離収容を撤廃する方向に動き始め、1978年には法律によって精神科入院を原則禁止とした。「とりあえず精神科に入院させる」という選択肢をなくした国で、その後、「治安の悪化」「社会不安の増大」といった事実はない。またコスト面からも、隔離収容をやめ、地域での生活を支える方が「安上がり」である。もちろん、患者の人権は侵害されにくくなる。 WHOも、脱施設化と地域精神保健福祉を推進する方向に動きはじめた。1968年には、精神科入院患者の急増が続いていた日本に、コミュニティ・メンタルヘルスのリーダーの一人であったデイビッド・クラーク博士を派遣した。クラーク博士は日本の実態を調査し、患者の人権と生活を中心とした精神保健福祉への転換を求める「クラーク勧告」を発した。しかし、日本政府はこの勧告をほぼ完全に無視した。

情報源: 取り残されたメンタルヘルス後進国・日本 – wezzy|ウェジー

【桜】木村太郎氏 「桜の会の問題、何が違法性があるのか?東京地検特捜部に告発すりゃいい、こんなもんは議員がやるこっちゃないですよ。」 — Share News Japan

直撃LIVE グッディ&#…

経由: 【桜】木村太郎氏 「桜の会の問題、何が違法性があるのか?東京地検特捜部に告発すりゃいい、こんなもんは議員がやるこっちゃないですよ。」 — Share News Japan