神戸山口組に寝返ったとか、幹部5人中4人が標的か、全面戦争に突入か、山口組若頭出所が影響か、 他 – NAVER まとめ

朝比奈容疑者は「別の神戸山口組組員を撃つために京都に向かった」と供述している。6代目山口組ナンバー2の高山清司若頭の出所から1カ月以上が経過。ついに血で血を洗う全面戦争に突入か。

情報源: 神戸山口組に寝返ったとか、幹部5人中4人が標的か、全面戦争に突入か、山口組若頭出所が影響か、 他 – NAVER まとめ

取り残されたメンタルヘルス後進国・日本 – wezzy|ウェジー

精神疾患の薬物療法が存在しなかった時期には、不穏で暴力的な患者に対して「閉じ込めておく」こと以外の対策がなかったかもしれない。しかし、抗精神病薬であるクロルプロマジンが1952年に発見され、精神疾患の薬物療法が現実の選択肢となって以後、隔離収容の必要性は激減したはずである。事実として、米国では1950年代から「脱施設化」の動きが活発になり、精神科入院患者が減少しはじめた。また1960年代には、イタリアが精神障害者の隔離収容を撤廃する方向に動き始め、1978年には法律によって精神科入院を原則禁止とした。「とりあえず精神科に入院させる」という選択肢をなくした国で、その後、「治安の悪化」「社会不安の増大」といった事実はない。またコスト面からも、隔離収容をやめ、地域での生活を支える方が「安上がり」である。もちろん、患者の人権は侵害されにくくなる。 WHOも、脱施設化と地域精神保健福祉を推進する方向に動きはじめた。1968年には、精神科入院患者の急増が続いていた日本に、コミュニティ・メンタルヘルスのリーダーの一人であったデイビッド・クラーク博士を派遣した。クラーク博士は日本の実態を調査し、患者の人権と生活を中心とした精神保健福祉への転換を求める「クラーク勧告」を発した。しかし、日本政府はこの勧告をほぼ完全に無視した。

情報源: 取り残されたメンタルヘルス後進国・日本 – wezzy|ウェジー

【桜】木村太郎氏 「桜の会の問題、何が違法性があるのか?東京地検特捜部に告発すりゃいい、こんなもんは議員がやるこっちゃないですよ。」 — Share News Japan

直撃LIVE グッディ&#…

経由: 【桜】木村太郎氏 「桜の会の問題、何が違法性があるのか?東京地検特捜部に告発すりゃいい、こんなもんは議員がやるこっちゃないですよ。」 — Share News Japan

白鵬・遠藤にエルボースマッシュ! – YouTube 横綱白鵬の“ヒジ打ち”に「止めさせるなら禁じ手にするしかない」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

志らく「見苦しい」の声上がる横綱白鵬の“ヒジ打ち”に「止めさせるなら禁じ手にするしかない」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

大相撲九州場所で優勝した横綱白鵬(34=宮城野)の“ヒジ打ち”問題を特集した。  番組では43回目の優勝を果たした白鵬に対して、横綱審議委員会の定例会で矢野弘典委員長(78=産業雇用安定センター会長)が「ほとんど全員から、白鵬の張り手やカチ上げが横綱の振る舞いとして見苦しいという意見が出た。相撲協会に指導してほしいと要望した」ことを伝えた。  意見を求められた落語家の立川志らく(56)は「エルボーですから、脳震盪状態で倒れてしまうこともある。白鵬関からしたら『生き残るためだから』で、前からずっと許されているから、それでずっと優勝してきたからっていう自負があるから。あまりに危険でしたら、禁止にするべきですよね」とコメントした。  対策として「相撲には反則負けがあるわけですから。白鵬の今までの輝かしいものに『エルボーやって勝ってきた優勝じゃないか』と泥を塗ることになってしまうんですね。当人のためにもならないし、止めさせるなら禁じ手にしちゃうしかないんじゃないですか。それぐらい厳しくしていかないと、なくならないですよ」と提案した。

 

トランプは「無能=無罪」が共和党の言い訳(パックン) | パックンの風刺画コラム | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

トランプの弾劾疑惑を「バカだから失敗」したと擁護する共和党の言い分は、それ自体が「バカだから失敗」するはず>銀行に電話を入れ、大量の現金の「テイクアウト」を注文した強盗がいた。2010年のことだ。当然、銀行で御用となり、犯人自身が「お持ち帰り」された。もちろん有罪だ。風刺画が主張するとおり、普通の裁判では「バカだから失敗した」ということで許されやしない。だが、ドナルド・トランプ米大統領の行為に関しては、そんな言い訳が飛び交っている。トランプはウクライナ政府に対し、軍事支援や首脳会談を交渉カードにして、政敵のジョー・バイデン前副大統領とその息子を捜査し、2016年の米大統領選挙にウクライナが介入した疑いについても捜査するよう求めたとされる。権力行使と自分の利益になるものの「取引」は収賄などの罪になるとし、民主党が弾劾調査中だ。そこで共和党の重鎮、リンゼー・グラム上院議員は「トランプのウクライナ政策は支離滅裂」で「取引なんかできなさそう」とけなしながら、かばっている。「無能=無罪」という主張だ。

情報源: トランプは「無能=無罪」が共和党の言い訳(パックン) | パックンの風刺画コラム | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

プラごみはリサイクル不能 日本は環境問題後進国 アジアの諸国・使い捨てプラスチック受け入れの禁止 – NAVER まとめ

中国が先進諸国からのプラごみ受け入れに「ノー」を突き付けたことの意図せざる結果だ。おかげで、プラごみに関してはリサイクルが解決策にならないという認識も広まった。なにしろ1950~2015年の間に地球上で生産された膨大な量のプラスチック製品のうち、リサイクルできたのはわずか9%にすぎないのだ。つまり、プラごみの問題は排出源を絶たなければ解決できない。まずは使い捨てプラスチック製品の生産を減らし、そうした製品やその輸出で稼ぐ企業に責任を取らせることが必要だ。アジアを世界のごみ捨て場にすることは、もう許されない。

情報源: プラごみはリサイクル不能 日本は環境問題後進国 アジアの諸国・使い捨てプラスチック受け入れの禁止 – NAVER まとめ

焼き場に立つ少年、噛み締めた唇には血が滲んていた、原爆の夏の火葬場、背負っているのは死んだ弟である – NAVER まとめ

焼き場に立つ少年」は、アメリカ軍の従軍カメラマンだった、ジョー・オダネル氏が、原爆投下後の長崎で撮影したとしている写真です。この写真には、目を閉じた幼い子を背負いながら、唇をかみしめて直立不動で立ち、まっすぐ前を見つめる10歳ぐらいの少年の姿が写されています。オダネル氏は、すでに亡くなった弟を背負った少年を写したものだとし、このあと少年が見つめる中で弟は屋外で火葬されたと伝えています。

情報源: 焼き場に立つ少年、噛み締めた唇には血が滲んていた、原爆の夏の火葬場、背負っているのは死んだ弟である – NAVER まとめ