カルロス・ゴーン・保釈中の逃亡・出入国管理庁に出国記録なし・声明文を作成 ・別名で出国か”他 – NAVER まとめ

レバノンやフランスのメディアは、ゴーン被告がトルコからプライベートジェットで30日夕方までにレバノンの首都ベイルートに到着したと報じました。ゴーン被告の広報担当者はANNの取材に対し、ゴーン被告がすでにレバノンにいることを認めました。現在、声明文を作成していて、今後、ゴーン被告側の主張を公表するとみられます。東京地裁は4月にゴーン被告の保釈を決定した際、海外への渡航を禁止していました。フランスのメディアはゴーン被告の関係者の話として、「日本の司法制度から逃れた」と伝えました。これまでゴーン被告は「私は無実だ」という主張を繰り返し、「公平な裁判を受けることを望む」などと訴えていました。

情報源: カルロス・ゴーン・保釈中の逃亡・出入国管理庁に出国記録なし・声明文を作成 ・別名で出国か”他 – NAVER まとめ

高山清司若頭“超武闘派《顔面にM16連射》山口組抗争激化「仕事をよろしく」の一言で懲役5年 – NAVER まとめ

神戸山口組が壊滅すれば、神戸を批判して出た任侠山口組は古巣へ戻るのではないか。だが、この抗争を決着させるために残された時間は少ない。なぜなら、2020年早々にもこの2団体が「特定抗争指定」を受けることが

情報源: 高山清司若頭“超武闘派《顔面にM16連射》山口組抗争激化「仕事をよろしく」の一言で懲役5年 – NAVER まとめ

美輪明宏が見たラグビー人気「女性があからさまになれた時代」

若い女性に“好きなタイプの男性は?”と聞いて、“ガッチリ体形で、ひげの生えた毛深い人が好き”なんて答えると、“エッチな女”だと思われる偏見の時代があったんです。いっぽうで、宝塚の男役のような中性的で“王子様みたいな人が好き”と答えると、“清楚な女”だと言われていました。だからラグビー会場に応援に行くと、そういう女だと思われるのが嫌で、“行かない”という方も結構いたんです。ところが時代は大きく変わりました。最近はガッチリ体形で毛深い男性が好きだと言っても、誰も驚かない。“男性の色気に反応して何が悪いの?”って、あからさまに言える社会風潮になったことは、結構なことだと思っています。

情報源: 美輪明宏が見たラグビー人気「女性があからさまになれた時代」