カルロス・ゴーン・保釈中の逃亡・出入国管理庁に出国記録なし・声明文を作成 ・別名で出国か”他 – NAVER まとめ

レバノンやフランスのメディアは、ゴーン被告がトルコからプライベートジェットで30日夕方までにレバノンの首都ベイルートに到着したと報じました。ゴーン被告の広報担当者はANNの取材に対し、ゴーン被告がすでにレバノンにいることを認めました。現在、声明文を作成していて、今後、ゴーン被告側の主張を公表するとみられます。東京地裁は4月にゴーン被告の保釈を決定した際、海外への渡航を禁止していました。フランスのメディアはゴーン被告の関係者の話として、「日本の司法制度から逃れた」と伝えました。これまでゴーン被告は「私は無実だ」という主張を繰り返し、「公平な裁判を受けることを望む」などと訴えていました。

情報源: カルロス・ゴーン・保釈中の逃亡・出入国管理庁に出国記録なし・声明文を作成 ・別名で出国か”他 – NAVER まとめ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください