小泉元首相「脱原発」総理「だから」分からなかったのだ。「原発ゼロ」を駆り立てる本当の理由 – NAVER まとめ

総理大臣「なのに」分からなかったのではなく、総理「だから」分からなかったのだ。権力者たちは自分では「分かっている」つもりだし、しばしばそう言いたがる。だが、実は、彼らは、支配するのに「都合の悪いこと」は知らないし、知っていても簡単に忘れる。そうするのがもっとも合理的で、そのように「最適化」されているからだ。彼らは決断しているつもりで、実はさせられているだけかもしれない。

情報源: 小泉元首相「脱原発」総理「だから」分からなかったのだ。「原発ゼロ」を駆り立てる本当の理由 – NAVER まとめ

最低賃金を引き上げたら、自殺率は3.4~5.9%下がった。生産性も向上 引き上げが世界の常識 – NAVER まとめ

米労働省のウェブサイトによると、現在の連邦最低賃金は時給7.25ドル(800円弱)。これとは別に各州でも最低賃金を定めており、連邦が定めたものと金額が異なる場合、労働者は高い方の金額を受け取る権利がある。CNNは、29の州とコロンビア特別区では連邦最低賃金より高い額が設定されており、残りの21州は連邦最低賃金と同額だとしている。コーフマン氏のチームは、州ごとの経済状況や保護政策の違いを考慮した結果、最終学歴が高校卒業以下の人たちでは、最低賃金(時給)が1ドル上がった場合、自殺率は3.4~5.9%下がったとしている。

情報源: 最低賃金を引き上げたら、自殺率は3.4~5.9%下がった。生産性も向上 引き上げが世界の常識 – NAVER まとめ

尾畠春夫さん 1100km徒歩の旅に挑んだ理由「車は新車を貰う ガソリンもったいないから」情報集め – NAVER まとめ

旅の真の目的は、自分も挑戦を成し遂げ、光の園に寄付を手渡すことだったのだ。この旅のために、尾畠さんは手書きで「光」とマークをつけたケースに貯金をしてきた。「例えば、カメラの忘れ物を警察に届けたら、その方からお礼のお金をいただきますよね。私は、額に汗しないでいただいたお金は、誰かのお役に立てたいと思っているんですよ

情報源: 尾畠春夫さん 1100km徒歩の旅に挑んだ理由「車は新車を貰う ガソリンもったいないから」情報集め – NAVER まとめ