聖徳太子は架空の人物、笏は、カンペ貼り付け道具 肖像画は、別人 誰も知らない素顔! – NAVER まとめ

徳太子を英雄に描くほど、太子の子供である山背大兄王を死に追いやった蘇我入鹿の悪が際立つことになり、その悪を征伐した中大兄皇子や中臣鎌足がまた英雄に見えてくるという単純な勧善懲悪の物語のカラクリを作り出すことにあるのだろう。中小路氏は従来の日本古代史学会の研究手法を厳しく批判している。まず、歴史について、特定の骨組み(=明治政府の見解)を、権威あり、かつ自明で不動のものとして据え、これを思考の前提とする。その前提に合うように史料を処理し、あるいは独自の解釈を加え、ときには史料自体の文字を取り替え、どうしても前提に合わない箇所については、その箇所自体が虚偽もしくは錯認の所産なのだと見なすか、もしくはその箇所をまったく無視する

情報源: 聖徳太子は架空の人物、笏は、カンペ貼り付け道具 肖像画は、別人 誰も知らない素顔! – NAVER まとめ

コロナ「第2波到来」岐阜県、再び非常事態宣言へ 政府は現在出す状況にはない – NAVER まとめ

岐阜は先手先手の印象。 愛知はダメだこりゃな感じしかしない。 岐阜県、再び非常事態宣言へ 古田知事「第2波到来」

情報源: コロナ「第2波到来」岐阜県、再び非常事態宣言へ 政府は現在出す状況にはない – NAVER まとめ

大坂なおみ 抗議デモで逮捕の恋人を擁護 国内で物議 サーブは時速200キロ 他 – NAVER まとめ

抗議デモで恋人が逮捕されたことに対し、大坂なおみが「ただ抗議しているだけの人たちを逮捕している。いかれている」とSNSに投稿。これが米国内で物議を醸しているようだが

情報源: 大坂なおみ 抗議デモで逮捕の恋人を擁護 国内で物議 サーブは時速200キロ 他 – NAVER まとめ