伊藤博文暗殺されるだけの理由 過酷な植民地支配 武器を持たない朝鮮人に、発砲。 – NAVER まとめ

伊藤博文殺害理由「韓国皇帝を廃位、無辜の韓国人殺害、韓国の政権を奪い、東洋平和を破壊した罪…など15か条」初の総理大臣などという肩書に騙されてはいけない。暗殺の罪は消えるものではないが、彼が暗殺されるだけの理由は十分にあったと考えるべき。過酷な植民地支配への抗議と解放への願望であった三・一運動に対して、日本政府は第一次大戦の臨時軍事費を三・一運動弾圧に注ぎ込んだ。全く武器を持たない朝鮮人に、日本軍と警察が発砲。抵抗運動をする義兵に協力する村を焼き討ちし、穀物を全て奪い取るなど強硬な作戦を行った。朝鮮のジャンヌダルクといわれる柳寛順(ユガンスン)は、梨花女子大の学生で、独立行進デモの先頭に立った。寛順は国旗を持った右手を切り落とされ、今度は左手で国旗を持つと、左手も切り落とされ・・逮捕されて、拷問で死亡する。憲兵からの発砲で、このデモに参加していた両親を含む30人も死亡

情報源: 伊藤博文暗殺されるだけの理由 過酷な植民地支配 武器を持たない朝鮮人に、発砲。 – NAVER まとめ

郵政民営化「かんぽの宿」1万円で売却、半年後6000万円で転売 オリックス宮内義彦会長ボロ儲け – NAVER まとめ

小泉政権下で規制緩和の旗振り役だった宮内義彦氏が会長をつとめるオリックスの100%子会社「オリックス不動産」が、郵政民営化で売却される全国の「かんぽの宿」計70カ所を丸ごと買い取ると昨年末に発表されたが、「莫大な価値を持つ社宅がセットでついていたり、入札の経緯が公開されていなかったりと、怪しまれても仕方がない要素がてんこ盛り」とのこと。 民営化したとはいえ、日本郵政の株式は100%国が保有していて、「かんぽの宿」は本来、公共の財産。当然のことながら売却にあたっては、国民にオープンな手続きの下で行うべきなのに、入札の詳細は不明なままで、「出来レース」と受け取れる状況と指摘します。「週刊朝日」が入札の詳細について、日本郵政に問い合わせたところ、「応募企業名及び入札価格については公表しておりません」と回答するのみで、「オープンな手続き」とはほど遠い対応であったとのことです。

情報源: 郵政民営化「かんぽの宿」1万円で売却、半年後6000万円で転売 オリックス宮内義彦会長ボロ儲け – NAVER まとめ

第二次世界大戦・死者 5565 万人 ・日本230 ・独 422 ・中国 350 ・ソ連 1360 – NAVER まとめ

二次世界大戦でアメリカの死者は30万人(wiki40万人)だという。一方で ソビエト   2000万人 中国     1~2000万人 ドイツ     700万人 日本      300万人 インド     150万人 インドネシア  200万人 仏印インドシナ 100万人以上だという

情報源: 第二次世界大戦・死者 5565 万人 ・日本230 ・独 422 ・中国 350 ・ソ連 1360 – NAVER まとめ